2019.03.04

#TRAVEL

古いと新しいが共存する街/鎌倉#03
世界にひとつだけのベーカリーカフェ「山の上ベーカリー」

京急・県立大学駅から歩いて15分ほどの、住宅地の路地裏にポツンと置かれた小さなサインがお店の目印。山の上ベーカリーはその名の通り、高台に店舗を構えている。山というよりも崖に近い急斜面に添って店へと続く66段の階段は、ゆっくりと登らないと少し息が切れるほど。

だけどその苦労もつかの間、パンを焼く芳醇な香りがあたりに漂い、すぐに幸せな気分にさせてくれる。
わざわざ山の上まで登ってきていただいたお客様に他にはない感動を持ち帰っていただきたい、と話す店長の山本さん。
その言葉の通り、大きな薪窯で焼いた「新窯パン」は、ひと口頬張るとふんわりと薪の香りを纏うお店の看板商品。開店当時からの不動の人気だ。
常連客は、その日使われた薪の種類や気温、湿度によって変化するパンの香りと風味の違いを楽しむのだそう。
味の決め手となる薪は地元の造園所に一軒ずつ問い合わせをし集めている。
薪になる木の種類、その日の気温、湿度によって変化するそのパンの風味は、まさに一期一会の味わいと言っていいだろう。

毎日薪窯より焼き上がる山食パン、新窯パン、じゃがまる。

自慢の薪窯はお店のシンボル。パン焼きの見学もできる。

窯で使われる薪は月に一度、山の上の店舗へトロッコで運ばれる。

他にはないお店にしたい、そんな想いを行動でカタチにする。
「横須賀に来てくれてありがとう」そう言って地元の方々から愛されるベーカリーは、単なるパン屋ではない。

人気のキャロットケーキはクリームチーズでお化粧。まるで屋根に積もる雪のよう。

ヤマノウエベーカリー
TEL: 046-884-8670
住所:神奈川県横須賀市田戸台60
営業時間:11:00~17:00(LO 16:30)
定休日:火曜・水曜
アクセス:京浜急行県立大学駅より徒歩15分

  • この記事をシェア!

RECENT TOPIC

PAGE TOP