ワークウエアで、働く人を笑顔に、会社を元気に。ワークウエアは、「作業着」から「労働環境へ」

ワークウエアで、働く人を笑顔に、会社を元気に。ワークウエアは、「作業着」から「労働環境へ」

かつてワークウエアは、汚れてもいい頑丈な服でした。しかし、今やワークウエア=作業服ではありません。
快適・安全に作業を行い、ベストパフォーマンスを発揮するための機能を備えた、いわば労働環境の一部。
生産性を左右するだけでなく、労働意欲にも大きな影響を与えるのです。また街で見かけることも多く、
お客様と接触する機会の多いワークウエアは、企業の顔としての役割も果たし、人材確保のためにも重要視されています。ミズノはスポーツシーンで培った開発テクノロジーと機能をワークシーンに生かすため、
1997年に専門のセクションを設置。以来、さまざまな業種・職種で採用され、活躍しています。

WITH MIZUNO なぜ、ミズノだったのか?ミズノで、何かが変わったのか?