MIZUNO

WALKING

同店では5月以来のナンバ歩き教室になります。


今回は教室をどんな思いでやっているか?っというのを考えてみました。
先日の木曽町では皆さんに、自分達が考える最高の木曽町ってどんな町? またそうなる為に自分に何が出来るか?というのを考えていただきました。
その時私は、それをナンバ歩きに置き換えてみました。
<最高のナンバ歩きって?>
教室に参加頂く皆さんもナンバへの思いはそれぞれ違うと思います。
そのそれぞれの思いに対してどうお応えできるかですね。
理屈的な面も納得頂き、体験的な面でも感じて頂き、やっていて笑顔になるような状況になれば良いですね。
でもここで終わっては何にもなりません。
なるほど!っと納得頂いたことを、その後も日々の歩きに取り入れていただく。
そして私が教室で言っていたことを、身体で少しずつ感じ、どんどん力も抜けスムーズになっていく。
そして今までならチャレンジしようと思わなかった道、例えば坂道、階段、長い距離、山歩きなどにもやってみようと意欲的になる。
どんどん歩く世界が広がっていく! それもワクワクしながら!
気がついたら健康は当たり前! 知らないうちに体力も付き、体もスマートになっていた!
そして歩くことで、気持ちもより前向きになり友人もいっぱい出来た!
こんな状態が最高じゃないでしょうか!

<そうなって頂く為に、私にできることは?>
それは、毎回思うことですが、参加頂いた皆さんを見てどういう伝え方が良いのか? またどういう順番で進めていくのが良いのか?
同じことを言ったり、したりしてもその時の状況で納得度が変わってきます。
っということで、今日はナンバ歩き講座から始めるのではなく、まずやってみて、身体で何かを感じて頂いてから部屋に戻り、その解説をすることにしました。
思った通り、やはりその方がほぼ全員から、的を得た質問がどんどん出てきます。
歩いた後なので、コミュニケーションもよく打ち解けた雰囲気で話もできます。

そして皆さんのハートにより深く入っていく為には、質問に対しても自身の経験からどう分かりやすく解説できるかがポイントになるように思います。
要するに、現状に満足せずに自身の体験を増やし、様々な角度から問題意識を持ちながらレベルアップを図っていくということですね!
多くの方々に参加いただいた場合には、なかなかお一人お一人に寄り添うことが難しくなりますが、そんな中でもどううまく伝え、やる気になっていただけるか?
ということにも頭をつかい、そんな思いで毎回やっています!
終了後は東京に移動し、明日はエスポートミズノで教室です。
明日は人数も多そうです、そこでどうするか?っというのにまたワクワクしながらチャレンジしたいと思ってます!

プロフィール
氏名
上野 敏文
日本ウオーキング協会専門講師
所属
ミズノ株式会社
ライフスタイルスポーツ事業部
事業企画部
出身地
大阪府
趣味
知らない土地のぶらり歩き、山歩き、海釣り、キノコ栽培、山菜採り、農作業(まだ始めたばかりですが)、 愛車ピックアップトラックでのドライブ、デパ地下、市場巡り
コメント
目標は100歳まで金剛山!
ナンバ歩きを日々進化させ歳と共に動きを良く出来れば良いなと思っています。
歩きながら考えると何事も前向きなことしか浮かんできません!
いつまでもこうある為に歩き続けようと思います。
バックナンバー
ページトップへ