ヨーコゼッターランドのアドバイスコーナー

ヨーコゼッターランド

プロフィール
1969年サンフランシスコ生まれ。6歳から日本で育ち、中学、高校時代は全国大会や世界ジュニア選手権で活躍。 早稲田大学卒業後に渡米し、アメリカナショナルチームのトライアウトに合格。 アメリカ代表として、92年バルセロナ五輪で銅メダル獲得、96年アトランタ五輪で7位入賞。97年、ダイエーオレンジアタッカーズ(現久光製薬スプリングス)とプロ契約、99年6月の引退まで、数々のタイトルを獲得した。 現在は指導者として、テレビ、ラジオ出演のほか、講演、解説、バレー教室、エッセー執筆など幅広く活動している。

チーム(練習・運営)について

必要な声ってどんな声なのでしょうか? いつも監督に「必要な声を出せ」と言われるのですが、必要な声ってどんな声なのでしょうか?

必要な声には2種類あります。
(1)は自チームの動きがスムーズに、また、自分のプレーが次のプレーにつながる声。そのための指示の声。また、後衛から前衛のアタッカーやブロッカーを動かす指示の声。
(2)相手チームのフォーメーション・穴・攻撃の確率・サーブの種類・癖など、相手を分析する声。

どんなサインの出し方があるのでしょうか?チーム内で特にサインを決めずにやっているのですが、どんなサインの出し方があるのでしょうか?

トップチームのサインの出し方を参考にして下さい。サインを出す人も、セッターの場合とアタッカーの場合があります。指を使って
1番(人差し指)→Aクイック
2番(Vサイン)→Bクイック
3番→Cクイック
4番→Dクイック
5番→オープン攻撃
また、チームによっては選手のニックネームをサインに変えて言葉で出しているチームもあります。初めは声を出してセッターとのコンビ・信頼関係を作るために言葉で始めるのが良いと思いますよ。

ママさんバレーで楽しくできる練習法はないですか?

楽しく出来る方法ということは出来るだけラリーが続きリズミカルに動けることを考えましょう。
《個人練習》
同じポジションのメンバーを集めてセッターはトスの練習、アタッカーはスパイクと、経験者は初心者の方を指導しながら練習すれば、経験者も指導するという経験からよりバレーが巧くなると思います。経験者はボールを投げたり、打ったりすることでコントロールがつき、次の選手がプレーしやすい所にボールをもっていくことでコントロールがつきます。初心者は、プレーしやすい所にボールが来るのですから、力が抜けて、リラックスした姿勢でプレーでき、上達の近道になり相乗効果があがります。
《試合形式の練習》
(1)経験者が全員、両チームの後衛・中衛を守りレシーブで初心者の前衛を盛り上げ、ラリーを続ける。後ろから声を出して指示してあげたりして、ポジションを覚えさせる。
(2)経験者4人のチーム対初心者5人と経験者4人の混成チームのゲーム。
(3)経験者のセッターと初心者アタッカーチーム対初心者セッターと経験者アタッカーチームのゲーム。
(4)サーブとサーブレシーブだけのゲーム。初心者の方をゲームで起用する場合、やはりミスを恐れると思います。サーブレシーブは経験者、サーブは初心者で、1本目はサーブポイントを狙ってサーブ。2本目は確実に入るサーブで得点を競い合う。
(5)2対2で、パスだけの試合形式。広いコートを二人で守りながら攻める。自コートでの守備位置の確認をしながら、相手コートの穴を意識し、レシーブ・パス。
以上です。いろいろなパターンをその都度考えていただければ、上記以外でもチームの特色に合った練習が生み出せますよ。全員で楽しく声を出してコートを走り回ってください。基礎練習、乱打、ゲームと行い、ゲームでできなかったことを拾って再び基本へ・・・と繰り返していきましょう。世界のトップレベルチームであってもやはり、その中で差はあります。できる人は教えることの楽しさを見い出し、これからの人はプレーの上達の楽しみを知る。双方がお互いによりかかるのではなく、助け合ってチームを作っていってくださいね。

ボールに対する執着心を養うことは出来るでしょうか?私たちのチームではどうもボールに対する執着心が足りないようです。ボールから目を離すのが早く、ボールの方へ体を向けられないので、ボールの繋ぎがとても悪いです。

集中力は試合のときだけ頑張っても発揮できるものではありません。

普段の練習からいかにボールに集中しているかが重要です。普段の練習で漠然と時間や数をこなすだけの練習になっていませんか?

トスを何回ミスらずに続けられるか、レシーブを何回拾い続けられるか、みんなで数えるようにしてはどうでしょうか。それをノートに書いて、上達具合が数字で見えるようにしておくのも良いですね。必死にするんではなくて、みんなでゲーム感覚でやってみればいいと思います。それを続けていけば自然と集中力がついていると思いますよ!みんなで楽しみながら頑張ってください。

背の低いチームはどういった方法で相手と互角に戦うことができますか。

身長の低いチームが上手くなり 勝つ為にはレシーブしかないでしょう。レシーブ練習を多くし失点を無くす。自チームのコートにボールを落とさない。粘り強く相手のミスを待つという戦略になりますね。

下記の基本的な練習を参考にしてください。

・アンダーハンドパス、1対1や3人で三角形でのパス
・前後左右に移動しながらの1対1のパス
・ネット越しにチャンスボールをセッターの位置に確実にアンダーパス
その後 強打レシーブや フェイント対応、速攻対応のレシーブに移ってください。
まず大事なのは
・柔らかいボール(チャンスボール)を安定した姿勢でしっかりボールの落下地点に入る
・足首・ヒザをきっちり曲げたレシーブフォームでセッターの位置へ
・身体全体でボールを運ぶ
このフォームの完成が大事です。
上記の基本レシーブを毎日しっかり行なうことが安定したフォームからのレシーブボールを生み出します。基本姿勢があってこそ確実なレシーブが生まれます。繰り返し練習してくださいね。
自分の手に当たったボールは必ず上げる。 外に飛ばさない。 そして必ず上げるようになったらセッターの位置をレシーブボールを集める。
このような責任あるレシーブが出来れば コートに落ちることはありません。
レシーブ練習は苦しい練習ですがボールがあがったりつながったりすると楽しくなりチームワークも生まれます。
相手のサーブやスパイクを絶対に上げる、セッターに返すと強い心を選手全員が持ち、一人ではないチーム全員で相手からの攻撃をレシーブするという攻撃的なレシーブ力を育成してください。

レシーブ練習はボールを放つ方のコーチや選手の役割は大事です。
1、必ずレシーブ出来るボールを放つ⇒基本のレシーブの姿勢の確立とボールコントロールをつける。トスにつなげる意識をつける。
2、やわからいボールを前後左右にワンタッチ、フェイントなどのその落下地点さえいれば簡単に取れる。という感覚を養う。
3、正面の強打レシーブ⇒ブロックがノーマークになっても逃げない。ボールにスピードがあるのであたるだけで簡単にレシーブできると感覚を身につける。
4、片手やオーバーハンドでのレシーブ練習⇒ブロックフォロのボール、ワンタッチ処理などの練習
コーチの方も選手のレシーブ意欲を掻き立てるような声や動き(レフト、センター、ライトに移動する)をお願いしますね。

場所が少ないところでの練習方法をおしえてください。いろんなことができるわけではないのですが、少ない場所でボールを使っていて充実した練習方法ってないでしょうか?

少ない場所での練習方法ということですが、ミニゲームのような練習を織り込んではいかがでしょうか?
《2対2のゲーム》
(1)アタックライン内にボールが落ちることを反則にしたゲーム。
(2)コートがアタックライン内だけゲーム。スパイクは無し。パスのみでゲーム。
(3)テニス式バレー。ネットを少し下げてテニスのルールでサーブとアンダーハンドとオーバーハンドでゲーム。
(4)2対2のゲームでセッターだけが、ネット下をくぐって往復しながら両チームのセッターとしてトスを上げる形式。全員がセッターを経験してみましょう。
※出来るだけラリーが続く練習を上記以外にも見つけてみては?パスの確実性とコントロールがつき、常に相手コートを意識し実践につなげることが出来ます。
《5人で連続プレー》
(11に並んでバスケットリンクへジャンパス、跳ね返りのボールを次々にパス。連続30本。
(2)1列に並んでネットにオーバーパス、跳ね返りのボールを次々にパス。
(3)1列に並んでネットにアンダーパス、跳ね返りのボールを次々にパス。
(4)1列に並んでネットにシングルハンドアンダーパス(左と右と)。
上記を連続30本。始めはなかなか続かないと思います。スタミナと脚力もつき、良いトレーニングにもなり、またボールコントロール(巧緻性)も付きますよ。上手くなれば時間を競ったり、ミスした選手に罰ゲームをしたりなど、楽しく練習して下さい。