ヨーコゼッターランドのアドバイスコーナー

ヨーコゼッターランド

プロフィール
1969年サンフランシスコ生まれ。6歳から日本で育ち、中学、高校時代は全国大会や世界ジュニア選手権で活躍。 早稲田大学卒業後に渡米し、アメリカナショナルチームのトライアウトに合格。 アメリカ代表として、92年バルセロナ五輪で銅メダル獲得、96年アトランタ五輪で7位入賞。97年、ダイエーオレンジアタッカーズ(現久光製薬スプリングス)とプロ契約、99年6月の引退まで、数々のタイトルを獲得した。 現在は指導者として、テレビ、ラジオ出演のほか、講演、解説、バレー教室、エッセー執筆など幅広く活動している。

スパイクについて

鋭いスパイク・安定したスパイクが打てません。 私はアタッカーなのですが、なかなか安定したスパイクが打てません。決まる時は決まりますので、そのスパイクをいつも打てるようにしたいのです。また、ミートが下手なのでそれも直したいです。

基本プレーの繰り返しの練習で「安定」したスパイク、スパイクフォームが固まれば体全体を使ったスパイク、助走・スイングにより高い打点でのスパイクが打てるようになると思います。
フォーム(ミート)と助走(ジャンプ)の練習を繰り返し練習し、その後実践の乱打形式の練習に移るように、また乱打形式の練習で悪い部分のプレーをチェックし基本練習に戻る、という練習を繰り返し徹底してください。

1.フォーム(ミート)練習
(1)1対1でボール打ち。
(2)壁打ち。
(3)1対1でトスボールを相手に投げてもらい打つ。
(4)1対1でトスボールを相手に投げてもらいジャンプして打つ。
(5)1対1でネットを挟んで、アタックラインあたりから自分でトスを上げ、ネットを越して相手を目掛けて打つ。
(6)(5)でレフト・センター・ライトと場所を変えて打つ(ストレート・クロスの打ち分けの練習も兼ねている)。
(7)(6)でトスを自分で上げてジャンプして打つ。
(8)(7)でネット越しにトスを上げてもらい打ち返す(トスを上げた選手を狙う 慣れれば逆方向も狙う)。
など、自分と相手コートとも距離や強弱を考えて練習して下さい。

2.助走
(1)一歩助走・二歩助走・三歩助走をシャドージャンプで繰り返し練習する。
(2)(1)で前傾姿勢と腕の振りの確認・意識しての繰り返し練習。
(3)(2)で二歩・三歩助走は特に最後の1歩を大きく。特に女性は足の裏のつま先部分しか地面につかずにジャンプしている傾向が多いので、足の裏すべてで地面を蹴るようにすること。
(4)(3)を連続で行う。(一歩・二歩・三歩助走のジャンプを続けて行う。)その際、ジャンプ後、元の戻る時もクロスステップでレシーバー・セッターの位置を眼で追いながら姿勢を低くして早く移動する。(実践を想定すること。)
無理の無いスイングとその軌道が素晴らしいミートとなってボールにスピードを伝えます。ミートはパワーではありません。 ゆるいボール・ハーフスピード(軟攻)もスイング(ミート)が伝えます。スイング(軌道)を感じながらミート練習を繰り返し行って下さい。

ドライブのかけ方の基本・コツ・練習法など教えてください!

ドライブがかからないとうことはしっかりミートできておらず、トスとスイングのタイミングが合わずにヒットしていると思われます。ジャンプサーブでの練習方法を記しますので参考にしてください。

(1) ジャンプをしないで近距離からフローターのドライブサーブの練習から始めて下さい。最初はネットを下げてコートの中央から確実に相手コートに入れ、スイングとトスのタイミングを身体に教え込んで下さい。
(2) 徐々に距離を取り、ジャンプも軽くから始める。
(3) そしてエンドラインから本格的に始めて下さい。
※ジャンプサーブはサーブの中では一番難度が高いプレーです。ということはレシーバーの立場では一番レシーブが難しいサーブなのです。相手コートに入るだけでその効果・決定力は増すのです。しっかりフォームとスイング、タイミングを完成させ、ミスのないジャンプサーブを続けることが相手レシーバーにプレッシャーを与え、効果が出てくると思います。

A、B、C、Dクイックの打ち方について教えてください。またオープンとの打ち方の違いについても教えてください。

クイックは相手のブロック・レシーブの準備が出来ない間にスパイクを打つということが重要です。トスをいかに早く叩くかということにつきます。

バックスイングから腕の振り上げを早く、トスが上がる前にヒジが耳の位置まで上がっていて、トスが上がった瞬間にボールを叩く。助走、スイングを小さく早く、ヒジを上げて、ネット上にボールが上がった瞬間に叩く。これをクイックの基本と思ってください。

あとはA、B、C、Dの距離・セッターとのコンビ・パスが入る角度を考えての助走・ブロックをしてからクイックに入る連続動作など少しずつ実践に近い練習に移行していって下さい。相手ブロックが飛ぶ前に打てるようになると強打でなくても決まります。クイックは相手ブロッカーに読まれた時点で即、相手のポイントになるプレーです。広いコート内に早く落とすことを心がけて下さい。
レフトオープンの打ち方は大きくバックスイングを使い、助走(3歩助走)も小・中・大と最後の一歩で身体全身を使ってジャンプに入ります。しっかりヒジを耳の後ろまで引いて身体をねじりながら、その反動で全体重をボールにかけスパイクします。これがオープン攻撃の基本動作です。これもクイックの練習と同じでこのフォームを実践で使えるように実践に近い練習を積み立てて行ってください。例えば、オープン攻撃の連続打ち・レシーブ~オープンスパイク・ブロック~レシーブ~オープンスパイクなどセッターを組ませながら進めて下さい。

タイミングが合わない時が多くてアウトになってしまうのです。ミートが合わず、しっかり手に当たらないし、タイミングが合わない時が多くてアウトになってしまうのです。アドバイスお願いします。

タイミングが合わない、またしっかりミートできず手に当たらないためアウトになるということですが。 たぶん指の先に当たり、ふかした感じでアウトになっていると思われます。
《原因として》
(1)ジャンプタイミングが早すぎる。
(2)ボールをミートする位置がいつもバラバラ。
(3)ヒットする瞬間が自分の身体より後ろに位置にし、スイング動作がボールに伝わらない。
そのためボールが浮いた状況でスパイクしているのだと思います。
《改善の練習として》
1.タイミングを合わせる練習
(1)直上トスを3歩助走や2歩助走で一番高い位置で両手でキャッチ。その時、必ず肘が伸びて自分の目線、上目使いできっちりボールが見える位置でキャッチ。(この場所がスイング時、一番ボールに体重がかかる位置です。)
(2)(1)でダイレクトボール・二段トスなどトスに変化を持たす。
(3)(1)、(2)でフェイント練習。初めは肘を伸ばし高い位置で。次に打つ格好からフェイント。(フェイントはトスとのタイミングが合わないと絶対に出来ないプレーです。)
(4)(1)、(2)で80%のジャンプ・パワーでスパイク。(タイミングを合わせ、ボールのヒットする位置を確認する。強いボールを打つためのフォーム作り。)
2.正しいスイングを作り、しっかりミートができるフォーム作りの練習
(1)1対1になり5mほど離れて、自分でトスを上げボールミート。(自分から1m先にボールを叩く、次に相手の1m先にボールを叩く。)
(2)(1)で自分でトスを上げて、軽くジャンプしてボールを叩く。
(3)(1)で先方よりボールを投げてもらいボールを叩く。次に軽くジャンプして叩く。相手の1m先にも叩く。
(4)ネットを挟んでアタックライン上、1対1。ネット越えで自分でボールをトスし、しっかりミートして相手に放つ。立つ位置を前後左右に移動し、どの場所でも正確にミートして相手に放つ。
(5)(4)で距離をとり、ジャンプサーブの位置近くまで離れてみる。できればジャンプする。
3.「台上打ち」をやってみる(足のことを気にしなくていいように、まず台の上に乗って、上半身のミートに集中)。
(1)コーチにセミのトス(ボールを手にもってあげるトス)をあげてもらう。
(2)足をどちらか前に出し、打つときに一歩前に踏み込む。
(3)上体を使い、一番高い所でミートをするよう心がける。
(4)慣れてきたらタイミングを速めて、連続打ちをしてみる。
(5)コースを変えて打ってみる。
以上がタイミングとミート修正・確立の練習です。クイックを打つセンタープレーヤーはこれに低いトスの練習も組み込んでください。
強いボール・速いボールはスイングとタイミングが正確に繰り返しできるよう基本練習の繰り返し~実践に伴った部分的練習、そして総合・試合形式の練習へ。また試合で合わなかった部分を再度、基本練習で修正と。答えのある練習を続けてください。

「ひじが開いてない」と言われるのですが、どうしたら開けるようになりますか?

「ひじが開く」というのは基本的に「打点が下がる」ことを意味します。私は「ひじを開かない」ことを第一におすすめします。
(1)バックスイングから両腕を上に引き上げ、打つほうの腕は「しなるムチ」のようなイメージでスイングする。
(2)ひじが開かないよう、打つ腕を壁ぎわにして立ち、スイングの練習をする。
(3)この時、腹筋や背筋を使うことも忘れずに。
(4)鏡を使ったり、シャドースイングでジャンプしないでスパイクフォームの確認。
(5)(4)でジャンプをする。
(6)自分でボールをトスし、上記の事を確認しながら1対1でスパイクフォーム練習。(相手の選手がフォームを確認してあげること。) 
(7)(6)で自分でトスしジャンプする。
以上の練習でフォーム作りを行い、スパイク練習に入ってください。

強いスパイクを打つコツを教えて下さい。スパイクは叩き付けることもできるのですが、バックアタックはいまいち威力が弱いです。

威力が弱いので強いスパイクを、ということですが、強いスパイクを打つという事より『決定力の高い』スパイクを打つと解釈して説明したいと思います。
《レフトアタッカー・エースポジションとして》
・パワーアタッカーの場合(身長・体重もあり、ジャンプ力も兼ね備えている。)
・・・高いオープントスで充分助走をとり、高いジャンプで全体重を使い、ブロックを粉砕するタイプ。トレーニングとスパイク練習に時間を取り、どんなトスでも打ち抜く強いハートを育成する。
・テクニック・アタッカーの場合(ジャンプ力はあるがパワーに欠ける。瞬発力を武器にテクニックと移動攻撃を備えている。)
・・・セッターとのコンビを作り、早いトス・時間差攻撃・移動攻撃を絡めて相手ブロック利用する攻撃(ブロックアウト)やフェイント・軟攻を使って相手コートの穴を攻めるなど。集中力強化の中でテクニックが発揮する。
※自分がどのタイプのアタッカーとして生きて行くか?を決めた上でスパイク練習・コンビ練習をすることが「強いスパイク」=『決定力の高いスパイク』を生むことになると思います。いろいろと研究して下さい。
決定力の高いスパイクを打つためには、力強さも大切ですが、「コースを打ちわける」ことができる技術を身につけることも重要です。そのためには「手首」のスナップをきかせて打つことも心がけてください。

 

上記のプレーが習得できればボールコントロール、身体の巧緻性も高まり、自然とバックアタックも習得できます。
その時は、、、

⇒まず、ジャンプをしないで、アタックラインに立ち、自分でボールを上げ、ネットを越してスパイク
⇒確実にコントロール出来れば、自分でボールを上げ、その場で軽くジャンプし、スパイク~、80%の近くでジャンプしスパイク
⇒次に、エンドラインから、走りながら自分でトスしジャンプしてスパイク
⇒最後に、セッターと組んでバックアタックの練習に入ります。

まずはしっかり基礎練習を繰り返し 技術・体力、そして難しいプレーのバックアタックを確実、相手コートに入れる精神力を習得してくださいね。
バックアタックはアタッカーとしては集大成のプレーなので発育途中の学生さんが練習・習得するのは身体の事を思って私はお薦めしません。練習等はくれぐれもご注意くださいね。

スパイクをするときのジャンプのタイミングがいまいちよくわかりません。最近バレーを始めたのですが、どうしても3歩助走からのスパイクができません。3歩助走をしてもっと高く飛びたいです。スパイクをするときのジャンプのタイミングがいまいちよくわかりません。いつ助走を始めればいいのでしょうか?

頑張ろうと意欲のある方だと思います。ポジションが記載されていないのですが、3歩助走ということでレフトアタッカーだとお見受けします。最近バレーを始めたということで今が一番基本を体得する大事な時期だと思います。力任せに強打することにより打点が下がったり、肩に負担のかかるフォームになったりしないよう基本動作を繰り返し覚えてください。

≪助走の練習≫ 3歩助走の前に基本の1歩助走から始めましょう
(1)1歩助走からジャンプしないで腕の振り上げや腰のひねりなどをしっかり覚える練習。
(2)1歩助走でジャンプ。(腕の振り上げや腰の位置をしっかりと覚える。ジャンプは初めは80%から。)
(3)直上トスを1歩助走でジャンプして高い位置でボールキャッチ。
(4)次に3歩助走へ、(1)~(3)を繰り返す。※この練習を繰り返すとトスと自分の助走のタイミングが習得できると思います。最初は声を出して「イチ・ニ・サン」でボールをキャッチすればリズムも取れ、力も抜けて高い位置でキャッチできます。安定してくれば(5)~のスパイクの基本練習に進んでください。
(5)直上トスからまっすぐ助走してまっすぐスパイクする。(フォームが狂っていたらまっすぐボールが飛びません。)
(6)少しネットから離れてバックアタックのようにしっかりと助走の踏み込みを確認し、体全体を使ってスパイク。
(7)レフトポジションでオープントスをクロスとストレートに(5)と(6)を同じように。
(8)ライトポジションでオープントスをクロスとストレートに(5)と(6)を同じように。
(9)レフトポジションに戻り、オープン・直上・ダイレクト・二段トス・バックアタックと各種類のトスを連続打ち。

以上の基本練習を繰り返し練習すれば無理のない基本動作のスパイクフォーム・助走を体得できると思います。力強いスパイクは流れのある助走と強い踏み込み、腕の振り上げと腰の切れから生まれます。繰り返し練習してくださいね。

安定したスパイクをうつにはどうしたらよいのでしょうか?僕は高校一年生です。この春からバレーをはじめました。それでなんですが、どうしてもアタックを打つときにしっかりミートがうまくいきません。一応できる事はできるのですが、落ちたり、まっすぐいかなかったりと安定しません。どうしたらよいのでしょうか。

安定しないということは 
1.ジャンプのタイミングがバラバラ 
2.ボールをミートする位置がバラバラ 
3.打点が自分の身体より後ろにあって、スイング動作がボールに伝わっていない
といったことが考えられます。
このコーナーでも紹介しましたが、次のような基本練習をしてみてください。あわてずに順番にステップアップするようにしてください。10本やってみて半分以上成功したら次に進むというように、目標を立ててみると良いでしょう。基本練習はついつい飽きて、避けがちになりますが、頑張ってください。1週間ごとにみんなで何回できるか勝負するのも良いかもしれませんね。

1.タイミングを合わせる練習 
(1) 直上トスを2~3歩助走して一番高い位置で両手でキャッチする。その時、必ず肘が伸びて、上目使いできっちりボールが見える位置でキャッチしているかチェックしましょう。(この場所がスイング時、一番ボールに体重がかかる位置です。) 
(2) (1)でダイレクトボール・二段トスなどトスに変化を持たせる。 
(3) (1)(2)でフェイント練習。初めは肘を伸ばし高い位置で。次に打つ格好からフェイント。(フェイントはトスとのタイミングが合わないと絶対に出来ないプレーです。) 
(4) (1)(2)で80%のジャンプ・力でスパイクしてみる。(タイミングを合わせ、ボールのヒットする位置を確認する。強いボールを打つためのフォーム作り。) 強打する必要はありません。

2.正しいスイングを作る練習 
(1) 1対1になり5mほど離れて、自分でトスを上げボールミート。(まずは自分から1m先にボールを叩く・次に相手の1m先にボールを叩く。) 
(2) (1)で自分でトスを上げて軽くジャンプしてボールを叩く。 
(3) (1)でパートナーからボールを投げてもらいボールを叩く。次に軽くジャンプして叩く。 
(4) ネットを挟んでアタックライン上で1対1になる。ネット越しに自分でボールをトスし、しっかりミートしてパートナーに打つ。立つ位置を前後左右に変えて、どの場所でも正確にミートするようにする 
(5) (4)で距離を長くとっておこなう。できればジャンプする。

3.足のことを気にしなくていいように台の上に乗って、上半身のミートに集中しての練習 
(1) パートナーにセミのトス(ボールを手にもってあげるトス)をあげてもらう。 
(2) 足をどちらか前に出し、打つときに一歩前に踏み込む。 
(3) 上体をつかい、いちばん高い所でミートをするよう心がける。 
(4) 慣れてきたらタイミングを速めて、連続打ちをしてみる。 
(5) コースを変えて打ってみる。 

助走の時のリズム、家で出来るトレーニングをおしえてください

助走のチェックポイント(オープンスパイクの場合)は次の通りです。
1.基本は3歩助走。右効きの場合は1歩目は右、2歩目は左、3歩目は両足でややずらす。(右~左と床を蹴る) 
2.1歩目は小さく、だんだん歩幅を大きく、3歩目が一番広く踏み込む。 
3.踏み込みの際、必ず足の裏をすべて(踵→足裏→拇指球→指の順で、つま先ジャンプにならないように)床につけて蹴る。特に女性の場合ですが、足裏の前の部分しか床につかずにジャンプしているケースが多くみられます。こうなっていると膝・足首の負担になりますので注意してください。
4.姿勢をやや前傾姿勢から膝を徐々に落としていき、スピードも付ける。 
5.しっかり腕を振り、3歩目で上体を引き上げる。 
6.レフト・センター・ライトのポジションよって違いますが、必ずセッターを半身で見ながら眼はボールを追う。
こういう動きが出来ているか、ボールを打たずにチェックしてみましょう。自分の癖は自分では分かりにくいと思いますので、家族の人に見てもらうといいですね!