ヨーコゼッターランドのアドバイスコーナー

ヨーコゼッターランド

プロフィール
1969年サンフランシスコ生まれ。6歳から日本で育ち、中学、高校時代は全国大会や世界ジュニア選手権で活躍。 早稲田大学卒業後に渡米し、アメリカナショナルチームのトライアウトに合格。 アメリカ代表として、92年バルセロナ五輪で銅メダル獲得、96年アトランタ五輪で7位入賞。97年、ダイエーオレンジアタッカーズ(現久光製薬スプリングス)とプロ契約、99年6月の引退まで、数々のタイトルを獲得した。 現在は指導者として、テレビ、ラジオ出演のほか、講演、解説、バレー教室、エッセー執筆など幅広く活動している。

レシーブ・リベロについて

レシ-ブ全般の良い練習方法を教えて下さい。

特にレシーブとサーブは練習量がものをいいます。練習内容でレシーブの時間を多く割くことが上達の道です。自分のコートに落とさなければ相手には得点が入らないのですから。 実践的かつ部分的な練習を紹介します。
(1)バックのレシーバー3名のみが入って、コーチもしくはスパイカーがレフト・センター・ライトからスパイクやワンタッチボールを打つ。
(2)コーチはネット越しにドライブのかかったボールを打つ。チャンスボールのレシーブ練習とそのボールをトスにする二段トスの練習。
(3)次にコート半分、レフトとセンターのレシーバーだけ入って、(1)と(2)のボールに対するレシーブ練習を続けて行う。セッターも入れてトスまで。次にレフトアタッカーも入れてアタックまで。
(4)逆側のコート半分でライトとセンターのレシーバーを入れて上記と同じようにライト攻撃まで。
(5)上記の練習を中衛のポジションも入れて複雑化する。ミスが出たりお見合いになれば、その部分をしっかり修正する。アタッカーもレシーバー・セッターの状況をしっかり判断してスパイク動作に入る。
(6)上記の練習にブロッカーをつけたり、相手コートのエースポジションにコーチを置いて実践に近い練習にする。
(7)ただし、ミスがあればその部分だけを取り上げて練習する。
※ボールが落ちる部分がチームの弱い部分です。必ず復習練習をする。
以上で負けないチームに仕上がるのではないかなと思います。

サーブレシーブがきれいにセッターの方に返りません。どうしたらきれいに返りますか?できれば一人でできる練習方法も教えてください。

サーブレシーブはレシーブの延長です。まず確実にレシーブするフォーム作りから始めましょう。
姿勢は肩幅よりやや広く足を広げ、利き足を半歩前に、膝頭が足の指の位置より少し前に出るように膝を軽く曲げ、肘は軽く曲げ身体の前に。その姿勢をレシーブする前から準備姿勢をして下さい。
それからはやはりたくさん練習、数をこなすことです。
・アンダーハンドパス 1対1や三人で三角形でのパス。
・前後左右に移動しながらの1対1のパス。
・ネット越しにチャンスボールをセッターの位置に確実にアンダーパス。
その後、強打レシーブやフェイント対応、速攻対応のレシーブに移ってください。

まず大事なのは
・柔らかいボール(チャンスボール)を安定した姿勢でしっかりボールの落下地点に入り
・足首、ヒザをきっちり曲げたレシーブフォームでセッターの位置へ
・身体全体でボールを運ぶ
このフォームの完成が大事です。上記の基本レシーブを毎日しっかり行うことが安定したフォームからのレシーブボールを生み出します。基本姿勢があってこそ確実なレシーブが生まれます。
一人での練習方法ですが、壁を使っての連続のアンダーハンドレシーブしかないでしょうね。その際もレシーブの姿勢が崩れないよう、手だけのレシーブにならないよう膝・足首の曲げ、柔らかい運動を意識しながらレシーブ練習をして下さいね。あとはサーブの球質やレシーブする位置への移動、レシーブするタイミングを練習で身に付けていくことです。

リベロの上手くなる方法を教えて下さい。

リベロはレシーブのスペシャリストです。今までの6人制では全員がレシーブしていましたが、その中で誰よりもレシーブが上手い人が選ばれるポジションです。

レシーブ練習は厳しく嫌な練習ですが率先して取り組んでくださいね。

その姿勢が監督やチーム全員に信頼を得、リベロとしてのポジションも獲得できると思います。特にリベロはレシーブして当たり前という感じで監督・コーチから思われているポジションです。強い精神力で相手チームのボールは自分一人で全部拾ってやるという気持ちで臨んで下さい。

また、コートの後から前衛ブロッカーの動きの指示や相手コートの空いている穴をアタッカー陣に伝達する。監督の戦略をチームに徹底するなど、コーチに近いポジションだと思います。そうすればリベロというポジションもより楽しくなり、リベロポジションに誇りをもち頑張れると思いますよ。勝利に導く陰の功労者として頑張って下さい。
技術的にはレシーブ(アンダーハンドパス・オーバーハンドパス)の上達が一番ですね。アンダーレシーブだけでなくオーバーハンドで強打レシーブ。アンダーハンドでの二段トスの練習も行って下さい。
(1)1対1の対人レシーブ(オーバーハンドでのレシーブも入れる)→ご質問の方が初心者なのでこの練習に特に時間を費やす。
(2)各ポジション別のシートレシーブ (バックレフト・センター・ライト・中衛センター) 
強打・速攻・フェイント・二段トス・チャンスボールなど、実践に近いボールを各ポジションでレシーブ。
(3)アンダーハンドでのトス練習(アタックライン内外・いろんな場所から) 。
(4)オーバーハンド(アタックライン外)のトス(2段トス)練習など。
(5)もう少し高度になると自チームのリベロとしてのポジションを想定して練習する。例えば前衛ライトがセッターで身長が低い場合は、バックライト寄り、もしくはバックライトで固定して強打を拾う。バックセンターとレフトで守る場合は、他のバックプレーヤーのレシーブシフトを変える、など実践に近い練習を想定。
上記の練習を強い精神力で 相手攻撃を叩き潰すという意気込みでコートに立って欲しいものです。

レシーブが全くできません。どうしたらできるようになりますか?

レシーブのミスの原因は準備が遅れてフォームが崩れてしまうことなどが考えられます。
素早くボールの来るところに入り、正しいフォームでレシーブするように練習しましょう。
(1)初めの一歩が出やすいように基本の構えで両足が揃っていないか、踵に体重が乗っていないか(拇指球に乗っているか)、チェックしてみましょう。
(2)レシーブのうまい選手のフォーム(基本の構え)やフットワークなどをまねしてみましょう。
(3)相手サーバーの特徴を覚えて、どんなサーブが来るか考える(予測する)ようにしましょう。ボールが来ると思うところまで素早く移動しておけば、落ち着いてレシーブする時間が取れます。
(4)球出しをしてもらって、1本だけでなく、何本も連続してボールを拾ってみましょう。特にフットワークを良くするため、軟打を多めに出してもらいましょう。
(5)前後左右に打ってもらって、自分が動きながらボールをレシーブし、コントロールできるようにする。
(6)絶対セッターに返す!と思ってレシーブしましょう!!ミスしても気にしない、次は必ず返しましょう。

レシーブを確実に返すにはどうしたらいいでしょうか。

基本的なことになりますが、たくさん練習、数をこなすことです。
・アンダーハンドパス、1対1や3人で三角形でのパス
・前後左右に移動しながらの1対1のパス
・ネット越しにチャンスボールをセッターの位置に確実にアンダーパス
その後 強打レシーブや フェイント対応、速攻対応のレシーブに移ってください。 まず大事なのは
・柔らかいボール(チャンスボール)を安定した姿勢でしっかりボールの落下地点に入り
・足首・ヒザをきっちり曲げたレシーブフォームでセッターの位置へ
・身体全体でボールを運ぶ、このフォームの完成が大事です。
上記の基本レシーブを毎日しっかり行なうことが安定したフォームからのレシーブボールを生み出します。基本姿勢があってこそ確実なレシーブが生まれます。繰り返し練習してくださいね。

アンダーの時に腕を振ってしまう癖があります。アンダーの時に腕を振ってしまう癖があります。自分でもわかっているものの、とっさの時に“つい”出てしまうのです。何か良い練習方法はないでしょうか?

ボール受け入れる時に戸惑いがあり、手を振ってボールを迎えに行っているのではありませんか?手だけでレシーブ、焦ってレシーブしてしまうようになっていると思います。そういう時はじっくりボールを体に引きつけてから手を出す。レシーブするということ心がけてください。
(1)一人での連続の直上のアンダーハンドパス。 
(2)二人組のアンダーレシーブは特にボールをしっかりで眼で追ってレシーブする位置まで確認する。 
この動作を行えば手で迎えに行かなくなります。慣れてくればコーチに正面を強打してもらい、膝・足首を充分に曲げてふところを大きく、ボールが体のギリギリのところまで待ってカットする感じでレシーブをする。この時もボールを上目使いでしっかり見れば、ボールを迎えに行くことなくレシーブ出来ます。繰り返し練習して下さい。

フェイントされれば足が1歩も2歩も遅い状態です。基本が出来ていないので、なんでもないところでミスしたりします。特にレシーブにミスが多く、フェイントされれば足が1歩も2歩も遅い状態です。上手くなりたいので教えてください。

上達の近道は基本練習の繰り返しと試合形式の中で出来なかったプレーの復習を練習で重視することです。
また、ゲームスポーツですから相手に勝つことが目標です。試合の中、何気なく決まったプレー(スパイク・フェイント・サーブなど)を覚えておき、再度そのプレーを実行して下さい。何気なく決まったプレーは、必ず決定する方程式に従ったものです。バレーコートに簡単に落ちたり、決定したりするような偶然性はほとんどありません。決まったプレーを覚えて何度でも試し、自分なりの決定の方程式を作って下さい。それがバレーキャリアに繋がります。巧い選手はそのプレーを幾つも持って記憶し、プレーしています。ご質問の方も、これでもうお分かりだと思いますが、「フェイント」というプレーは、もしその場所に人がいれば相手のチャンスボールになる危険なプレーです。仕掛ける方は、何度もその場所が空いているという記憶(キャリア)で攻めているのです。ゲーム形式の練習でいつ、どの状態でどういうプレーで決まったか、決められたか、ということを記憶し、そのプレーを試合で対処出来るようにアンダーパス・強打レシーブやスパイク・フェイント・サーブの基本練習を積めば、慌てず、きれいな形でボールに対応することが出来ます。ミスと決定は上記の方程式の記憶とボールコントロールの基本動作が左右します。

基本動作の中で気をつけていただきたいのは、
・レシーブの構えのときに両足がそろってしまわないように。
・足の親指に体重をかけ、かかと重心にならないように。
・レシーブ練習の際に強打→フェイント→フェイント、というように連続して動いてフェイントボールを取るようにすると、軟打に対して足が動くようになります。
自分なりの決定の方程式を見つけ始められたら、もっと「バレー」が「チームゲーム(駆け引き)」が面白くなってくると思います。楽しんで下さいね。

ボールが怖いです。私は中学の頃からバレーボールをしています。今、大学生です。私は、どうしてもレシーブが上達しません。 ボールが怖いです。ですから、サーブカットも下手です。顔をそむけてしまったり、よけたり…。チームのみんなに迷惑かけっぱなしで…。こんな私でも上達する練習方法はありますか!?

中学から始められて現在 大学生。キャリアとすれば充分です。
基本レシーブ(まっすぐ来たボールをまっすぐ返す)は出来るはずです。試合の中で相手からスパイク・サーブされるボールが自分に正面に来れば簡単にレシーブ出来るということでしょう。
1.あなたのポジションによく来るボールに対応するレシーブの練習を繰り返し行う。強打(クロスorストレート)・軟打・フェイント・速攻・ワンタッチなどいろんなケースを想定して繰り返し簡単なボールからはじめる。 サーブレシーブも同じです。
2.レシーブのうまい選手の物まねをする。レシーブフォーム(基本の構え)、フットワークなど。 
3.自分がサーブやスパイクをする側ならどこに打とうとするか考える(予測する)。その位置まで移動する。 
4.1本だけでなく、何本も連続してボールを拾う。特にフットワークを良くするため、軟打を多めにする。 
5.前後左右に打ってもらって、自分が動きながらボールをレシーブし、コントロールできるようにする。

上記の練習と考えをもってコートに立ってください。そして大きな声を出して相手スパイクやサーブのコースや種類を声に出してレシーブ体制に入る。そうすれば体の力も抜け良いタイミングレシーブ出来ると思いますよ。楽しんでレシーブ練習に励んでくださいね。

サーブカットの時、トスで返そうとすると後ろにボールがいってしまいます。

サーブレシーブでのオーバーハンドレシーブは、実業団の選手でも難しいプレーです。

サーブレシーブはセッターに返球するということが大前提です。いきなり難しいプレーで返球するというのは困難ですね。簡単な練習から始めましょう
(1)対人レシーブでオーバーハンドレシーブも取り入れる。コーチが軽いスパイクし、連続でオーバーハンドレシーブを続ける。その際、オーバーハンドの手の位置は下ろさない。額の前に手で三角形を作りそのままの状態で。慣れてくればオーバー・アンダーを交互に。また、自分の判断によってレシーブする。
(2)(1)の練習で距離を広げる。ネットを挟んで3mは離れる(ちょうどサーブレシーブの際、セッターとレシーバーの距離に相当する)。
同時にスパイクを打つ方も、離れたトス・二段トスのフォーム作りと正確さを養うことが出来ます。慣れてくればスパイカーは自分の真上にトスを上げ、軽くジャンプサーブの要領で打つまでに行けば両方が効果的な練習になります。コツとしてはボールが手にふれた瞬間、指先を締めてください。そしてボールは前に返す、というより上にあげるつもりで扱ってください。またロングパスを取り入れたり、トレーニングで指立て(「伏せ」はとくに必要ありません。)をするなどして指先の筋肉もきたえて下さいね。
以上ですが、必ず身体の正面でレシーブ出来るよう、基本の構えを忘れず軽いフットワークで対応してくださいね。