ヨーコゼッターランドのアドバイスコーナー

ヨーコゼッターランド

プロフィール
1969年サンフランシスコ生まれ。6歳から日本で育ち、中学、高校時代は全国大会や世界ジュニア選手権で活躍。 早稲田大学卒業後に渡米し、アメリカナショナルチームのトライアウトに合格。 アメリカ代表として、92年バルセロナ五輪で銅メダル獲得、96年アトランタ五輪で7位入賞。97年、ダイエーオレンジアタッカーズ(現久光製薬スプリングス)とプロ契約、99年6月の引退まで、数々のタイトルを獲得した。 現在は指導者として、テレビ、ラジオ出演のほか、講演、解説、バレー教室、エッセー執筆など幅広く活動している。

ブロックについて

ブロックの基本的な練習方法を教えてください。

ブロックをする際に重要なポイントを記しますのでご参考ください。

基本動作の習得

(1)移動ステップの練習
1.一人で 半歩で踏み込んでのブロックジャンプ練習 (手を、肘の位置を両耳の高さにし挙げておく)
2.一人で 左右に半歩ずつ踏み込みブロックジャンプそして 半歩下がって基の位置(サイドステップ)
3.一人で センター~レフト、またセンターに戻り各位置でジャンプ、ライトにも移動。(クロスステップ~最後はサイドステップでジャンプ)
4.二人で 1.~3.の動作を

(2)ブロックの形と手の出すタイミングの習得
1.ネットを下げて ジャンプしないで手の出る高さを作ってコーチにスパイクを打ってもらいブロック練習
(手の位置、肘の位置を確認しながら)
2. (1)の1.~4.を コーチにスパイクしてもらい ジャンプをしないで ブロックをの形、タイミング、そして移動のステップの習得

(3)最後に本当の高さのネットで コーチにスパイクをしてもらいブロック練習(1)の1.~4の動きを行う。
コーチは台上(飛び箱みたいなもの)に乗り しっかり声を出して タイミングを誘ってあげてください。
※ブロックはレシーブように 相手から少し時間があってからのプレーで無く 相手選手の一番近く、早い対応のプレーです。
コーチ(ボールを打つ方)はしっかり声を出し タイミングを合わせ ブロックにまずは当ててあげて下さい。
ブロック練習は突き指や捻挫など 危険を誘発する練習です。 練習を行っている選手はもちろん、周りの選手たちもしっかり集中して練習して下さいね!!

ブロックの実践で気をつけることを教えてください。ブロックをすると、手に当たるんですが、はじいてしまいます。

ブロックが上手くいかないようですが大事なことはやはり、
相手セッターのトス回しを読むことだと思います。
センターブロックはクイックのような早い攻撃に対してのブロックになります。
あなたが前衛の位置にいて、自チームのサーバーがサーブの位置に立った際、
相手のローテーションをまずしっかり確認することです。

 

(1)相手セッターは前衛か?3枚アタッカーが揃っているか?
→セッターが前衛なら必然的にライト攻撃はなく(ブロード攻撃があればライトも意識する)、2枚のアタッカーを自チーム3人の前衛でブロックする。レフトエースはセンター寄りにブロック位置につく。
(2)相手セッターがアタッカーにあげるトスの配分、打ってくる選手の確率を考えてブロックに準備する。
→ブロックを捨てる相手のアタッカー、3枚ついてもいいというアタッカーなど、そのローテーション毎に相手アタッカーに対するブロックの重要度の順位をつける、などです。

3枚アタッカーがいても3人が一度には打てません。必ず決定力の高い攻撃を仕掛けてきます。その攻撃を網を張ってブロックするのです。それ以外の攻撃はブロック無しでも拾えるくらいの感覚で、ブロックに集中することだと思います。そのあたりのコミュニケーションもバックのレシーブ陣とも必要になります。
あとは1歩移動・3歩移動からのブロックジャンプ、特にクイックに対する手の出し方(移動のときから手をあげておくなど)。腰の位置も安定させ、サイドステップ・クロスステップの練習も繰り返し行ってください。
(3)手の形は 洗顔するときの手の平の形を意識してください。 手の平の大きく、全体でスパイクボールを止める/はじくというのは、タイミングが違っています。 白帯を通る時の ボールを止めるのです。打つボールでは無く、白帯を通過するときのボールの場所を止めるのです。
そのタイミングを膝・腰で調整しジャンプしてください。
(4)ブロックカバーのコンビや攻撃パターンによって、おのおのの守備の配置を決めるものです。
遅れるということは、その場所の設定に無理があるのでは?
スパイクより早いボールが帰ってくるのです。守備位置を残り5名で各ローテ毎に、選手内で決めて対応すればどうでしょう。チームプレーをいうことを確認して下さいね。

ブロックフォローの仕方を教えてください。6人制の2セッターでのポジションおよびブロックフォローの仕方を教えてください。

2セッターは基本的には前衛・後衛でもライトのポジションを守ります。

ただし、攻撃力・ブロック力がある場合は前衛ではエースポジションのレフトやセンターのポジションに入ることもあります。

2セッターは、後衛の選手がセッターとしての役割を果たし、前衛では攻撃力を発揮できるポジションに入ることを前提に取り組んでみて下さい。

パスとコンビの練習をしっかりして、機能を果たせるよう実践練習に励んで下さい。

ブロックフォローは、トスを上げるセッターがアタッカーの一番近い位置に入り、アタッカーのすぐ後ろの選手(例:レフトが打った場合はバックレフト)が前進し、セッターとアタッカーを囲む位置に。残りの3名は等間隔で、その二人の間でコートの真ん中あたりのポジションに位置するのが基本です。次のレシーブ・つなぎ(トス)・攻撃の支障にならないように、各々のチームでそのポジション決めをして下さい。

それにはセッターが中心になることを忘れないで下さい。