ヨーコゼッターランドのアドバイスコーナー

ヨーコゼッターランド

プロフィール
1969年サンフランシスコ生まれ。6歳から日本で育ち、中学、高校時代は全国大会や世界ジュニア選手権で活躍。 早稲田大学卒業後に渡米し、アメリカナショナルチームのトライアウトに合格。 アメリカ代表として、92年バルセロナ五輪で銅メダル獲得、96年アトランタ五輪で7位入賞。97年、ダイエーオレンジアタッカーズ(現久光製薬スプリングス)とプロ契約、99年6月の引退まで、数々のタイトルを獲得した。 現在は指導者として、テレビ、ラジオ出演のほか、講演、解説、バレー教室、エッセー執筆など幅広く活動している。

サーブについて

どうしたら良いフローター(無回転)サーブが打てるようになりますか?

フローター(無回転)サーブはネットに正対し、スイングとトスのタイミングが合えばボールの中心をヒットし生み出されます。その条件として、
(1)トスの安定
(2)スイングの安定と早さ
(3)ヒットする時のヒザと腰の使い方
が挙げられます。
【具体的な練習】
1.エンドラインに立ち、ネットに正対し、左足を前に片手でトスをあげ、サーブのスイングをヒットする位置で止めてボールを両手でキャッチする。その時にキャッチする位置の確認。右肩の斜め前、きっちり肘が伸びたところでキャッチできているか?何度もその動作を繰り返し安定したトスとヒット位置を作る。二人一組になってお互いに確認しあう。 2.「1.」が安定してきたらアタックラインに立ち、「1.」の動作を確認しながらネットにサーブをぶつけてヒットする感覚を身に付ける。 3.だんだんとエンドラインに下がっていきサーブする。しっかりと右肩斜め前でヒットしているか、ボールを打つ瞬間、ボールと手の位置を必ず眼で追う。 4.エンドラインに立ち、ヒザや腰を使って上記で練習したスイングとトスを確認しながらサーブする。 無回転ボールはこのような練習を積み重ね、スイング、トス、身体全体の使い方、ヒットするタイミング、ボールを追う眼に動きなどしっかり身に付ければ生み出されます。たくさんサーブを打つことですね。
私が中学時代は1日100本~300本くらい打っていました(約15分~30分)。効率良くするために、4人1組になって
1.サーブを打つ人
2.打つ人にボールを渡す人
3.相手コートに入ってボールを拾う人(サーブレシーブをする人)
4.フォームをチェックする人
に分かれていました。
サーブは攻撃の1番最初のプレーです。チームを勝利に導く大事なプレーです。1球1球、丁寧に集中して練習してくださいね。

僕のサーブは、いまいち決まりません。何かいいサーブはありませんか?


良いサーブというのはサーブポイントを獲るサーブのことでしょうか?
バレーではテニスなどと違ってノータッチエースが決まるということはほとんどありません。相手のレシーブを崩すために、相手が拾いにくい変化球サーブをオーバーハンドで打ってみてはどうでしょうか。
練習では数をこなすことも大事ですが、フォームがバラバラにならないことを重視して行ってください。狙ったところに落とせるように、バッグレフト、バックライト、アタックライン内に落とすサーブなどサーブのコース打ちの練習もしてみて下さい。
これが出来るようになればジャンプサーブなどにも挑戦してみるのも良いですね!
頑張ってください。

フローター(無回転)サーブでコースを狙ったり、緩急をつけたりしたいのですが、何か良い練習方法はありますか?


コースを狙うということはしっかり自分がサーブをコントロールできるかということです。
基本である、まっすぐ向いた方向にまっすぐサーブを打つ練習を徹底してください。
サーブを打つスイング・フォームが固まります。それから身体の向き、角度を変えて自分の狙うコースを打つ練習に進むと体得は早いです。
緩急をつけるにはスイングを早くしたり、ゆっくりしたり、インパクトをつけたりするとボールが落ちたり延びたり変化します。
まずは基本のスイング・フォームの確立によってサーブの効果が発揮出来ます。フローターサーブは肩・腕だけでなく体全体も使うことを忘れないで下さい。

フローター(無回転)サーブがなかなかネットを越えません。中学2年生です。どうしたら入るようになりますか?


ご質問の方が中学2年生ということですが、肩や身体の筋肉・バランスがまだ確立されていない時期にはフローターサーブは肩を痛める原因になります。いきなりサーブするのではなく徐々に力をつけていく練習が必要です。
(1)アタックラインに立ち ネットにぶつけてのフローターサーブ。しっかりしたフォームや肩作り。
(2)徐々にサービスエリアに下がっていく。ただしネットを超えなければ下がらない。
(3)バスケットボールを使ってキャッチボール。両手で上から、片手で上からを各10回×3セット(身体作り)。初めは弱いボールでもかまいません。
サーブのフォーム・スイングを完成させ、徐々にスピードアップ(力)を付ける練習をお薦めします。
その後、サービスラインに立ってまっすぐ向いた方向にまっすぐサーブを打つ練習を繰り返し、スイング・フォーム作りをし完成させて下さい。
上記の(1)~(3)をサーブ練習の初めに毎日行なえば基本フォームがマスターできると思います。それまで試合で自信が無い場合は今までのアンダーハンドサーブで対応することも大事です。

安定したサーブをうちたいです。私はオーバーハンドで変化するサーブを打ちたいのですが、安定しません。どうしたら安定したサーブが打てますか?


オーバーハンドの変化球サーブは固まったスイングと軌道でボールをしっかりヒットできれば落ちたり、伸びたり、ゆれたりの変化がつきます。
サーブを打つ一連の動作を細分化して一部分ずつ、分けて練習するのがよいでしょう。

まずは、、
1.トスの安定。
ヒットする手の位置にトスが確実に上がるように何度も片手でトスを上げるときの感覚をしっかりつかむこと。手だけで上げず、ひざ(下半身)の動きを使うことも忘れずに。
2.シャドースイング。
スイングの軌道が一定しているか。足の運び、腰の切れなど何度も繰り返す。
3.ボールを持ってサーブ練習。
(1) いきなりネット越しに打つのではなく、壁かネットの近くでスイングとトスを確認しながら打つ。トスが悪ければ動作を止める。
(2) エンドラインからではなく初めはコートの真中辺りからネット越しに。徐々に距離をとって、自分の打ちやすく確実に入る場所を見つける。
(3) 3人1組で
・サーブを打つ人
・ボールを渡す人
・ボール拾い
になって機械的に連続で打ってフォームを固める。10本連続を10セット。1人100本打つことになり、3名で300本、約30分の練習時間。
※監督・コーチは横についてフォームのチェック。トスやフォームの乱れ・足の運び・腰の切れ・スイングが一定の速さになっているか・視線とボールとの関係など。

以上でオーバーハンドのフォームが固定できると思います。
そうすればボールの中心をヒットし、ボールに変化が起こります。
1日最低でも100本はサーブ練習に時間が取れれば最高なのですが。継続して練習して下さいね。

どうやったら決定力のあるサーブが打てるのでしょうか?私は身長が160cmで、中学から4年程バレーをやっています。最近、ジャンプサーブを練習しているのですが、ドライブが掛からず、力があるほうなのでアウトになったりします。


中学から4年のキャリアがあるとのことなので、筋肉もいくぶんかついてきたと思われます。ジャンプサーブはスパイク(二段トスのスパイク)を遠い位置(エンドライン)から打つものと考えてみて下さい。

ドライブがかからないとうことはしっかりミートできておらず、トスとスイングのタイミングが合わずにヒットしていると思われます。

まず、
(1) ジャンプをしないで近距離からフローターのドライブサーブの練習から始めて下さい。最初はネットを下げてコートの中央から確実に相手コートに入れ、スイングとトスのタイミングを身体に教え込んで下さい。
(2) 徐々に距離を取り、ジャンプも軽くから始める。
(3) そしてエンドラインから本格的に始めて下さい。

※ジャンプサーブはサーブの中では一番難度が高いプレーです。

ということはレシーバーの立場では一番レシーブが難しいサーブなのです。相手コートに入るだけでその効果・決定力は増すのです。しっかりフォームとスイング、タイミングを完成させ、ミスのないジャンプサーブを続けることが相手レシーバーにプレッシャーを与え、効果が出てくると思います。
また、ジャンプサーブ以外のセカンドサーブも練習して下さい。何種類か打ち分けられるようになると良いと思います。
このことを心がけて練習に取り組んで下さいね。

変化のあるサーブをうちたい。フローター(無回転)サーブの変化についてですが、練習中にサーブを打っていると自分でも驚くような変化をするサーブ(右に大きく曲がるサーブ、風にのったようなサーブ?)が打てるときがあります。これを自分の意志で打てるようにするにはどうすればいいのでしょうか?


変化はボールにある「へそ」の窪みと空気抵抗によりなされると思われます。
安定したトスとスイングでヒットされた無回転のボールが変化を生み出すのです。
ややボールの右側をヒットすれば右カーブに、ボールの中心よりやや上をヒットすれば揺れたような変化が見られます。

その感覚にたどり着くには、やはり「基本:トスアップ→スイング→体重移動→ボールをヒットする」の繰り返しの練習です。
この4工程を独立させ練習・完成すれば安定したトスとスイングでヒットされた無回転のボールの変化が生まれるのです。鏡やシャドースイング、ビデオでの映像などで一度ご自分のフォームやトスを確認してみてはどうでしょうか?

そして1日最低でも100本はサーブの打ち込みが出来る時間が取れればと思います。

またサーブを打たずにトスを同じ位置に上げるだけの練習や、サーブのコース打ちの練習もしてみて下さい。バッグレフト、バックライト、アタックライン内に落とすサーブなど。サーブは最初の攻撃です。

25本連続でポイントすれば勝利できるのです。集中して上記を心がけて練習して下さいね。

ドライブサーブとフローター(無回転)サーブの違いを教えてください。


ドライブサーブとフローター(無回転)サーブの違いは
1、無回転サーブはボールの中心をヒットさせボールのへその重さと空気の流れに左右されボールが落ちたり伸びたりゆれたりとサーバーも予想できないボールを動きを生むサーブであります。
2、ドライブサーブは意識的にボールの上部または側面をボールが厳しい回転をするように手首を利かせて回転を与えるサーブ。その回転の方向にボール変化していくサーブを言います。

落ちるサーブを打つにはどうしたらいいですか?落ちるサーブやカーブのかかったサーブを打ちたいです。落ちるサーブを打つにはどうしたらいいですか?教えてください。


フローターサーブで落ちるサーブを打つコツ:
落ちるサーブ(フローターサーブ)はネットに正対し、スイングとトスのタイミングが合えばボールの中心をヒットし、無回転のサーブが生み出されます。その条件として、
(1)トスの安定
(2)スイングの安定と早さ
(3)ヒットする時のヒザと腰の使い方
が挙げられます。
【具体的な練習】
1.エンドラインに立ち、ネットに正対し、左足を前に片手でトスをあげ、サーブのスイングをヒットする位置で止めてボールを両手でキャッチする。その時にキャッチする位置の確認。右肩の斜め前、きっちり肘が伸びたところでキャッチできているか?何度もその動作を繰り返し安定したトスとヒット位置を作る。二人一組になってお互いに確認しあう。
2.「1.」が安定してきたらアタックラインに立ち、「1.」の動作を確認しながらネットにサーブをぶつけてヒットする感覚を身に付ける。
3.だんだんとエンドラインに下がっていきサーブする。しっかりと右肩斜め前でヒットしているか、ボールを打つ瞬間、ボールと手の位置を必ず眼で追う。
4.エンドラインに立ち、ヒザや腰を使って上記で練習したスイングとトスを確認しながらサーブする。
無回転ボールはこのような練習を積み重ね、スイング、トス、身体全体の使い方、ヒットするタイミング、ボールを追う眼に動きなどしっかり身に付ければ生み出されます。たくさんサーブを打つことですね。
私が中学時代は1日100本~300本くらい打っていました(約15分~30分)。効率良くするために、4人1組になって
1.サーブを打つ人
2.打つ人にボールを渡す人
3.相手コートに入ってボールを拾う人(サーブレシーブをする人)
4.フォームをチェックする人
に分かれていました。
サーブは攻撃の1番最初のプレーです。チームを勝利に導く大事なプレーです。1球1球、丁寧に集中して練習してくださいね。