陸上アドバイスコーナー

皆様からお寄せいただいた質問にミズノトラッククラブ(MTC)・チームミズノアスレティック(TMA)のメンバーがお答えしました。練習・試合においてぜひ参考にしてください。

ミズノトラッククラブ・メンバープロフィールはこちらから

冬季練習

冬季にフォーム改善したいです。

川面 聡大
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ川面聡大です。
シーズン中は試合や試合の調整等でフォームを修正する練習をしにくいので、冬季にフォームを修正することをオススメいたします。

冬季の練習に入る前にシーズンのよかったところ、悪かったところを分析し、どのような部分を修正するかを検討した上で冬季練習に入ると効率も良くなり、良い練習をすることができると考えます。

またフォームの修正ですが、欠点を直すことばかり考えてしまうと長所がなくなってしまう可能性があるので、今あるものにプラスしていく感覚で修正していくとスムーズに進むと思います。

短距離の冬季練習について教えてください。

和田 麻希
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ和田麻希です。
短距離の冬季練習は様々ですが、基本的には走りこみと体力づくりになると思います。

短距離の場合、走りこみになるとスピードの質が落ちてしまいがちになりますが、大切なのは試合を常にイメージして一本一本走ることです。本数が増えたり、距離が伸びたりしてもスピードは維持しましょう。そして、それを継続することが大事です。

走りこみ、ウエイト、補強をバランスよく冬季に行うことで、シーズンに向かうにつれて少しずつ練習量を減らしていけばタイムも上がると思います。頑張ってください!

後半に強くなるにはどのようなことに注意したらいいでしょうか?

和田 麻希
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ和田麻希です。
後半に強くなるには、乳酸に打ち勝つ体づくりと精神力ですね! 練習では、長めの距離を質を高めて走ることが大切です。それを冬季中に継続していきましょう。

質を上げて行うことで後半も減速しない体が自然と出来上がると思います。冬季中に頑張ったことは必ずいい結果として返ってくると思います。自信を持って試合に臨むことも精神的にとてもいいので諦めず頑張ってください!

基本的な走り方・練習方法を教えて下さい。

市川 華菜
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ市川華菜です。
私の練習方法としては、冬季の練習は長い距離(250~300m)を10本程度を走るようにしています。

ただ走るのではなく、タイム設定をして徐々にタイムを上げるかまたはキープして走るようにしています。またグラウンドだけではなく階段や浜、坂を週3回ほど入れています。ウェイトトレーニングも週3回入れています。

走り方としては、腕は脇をしめ真っ直ぐ振るようにし体もぶれないようにすることと、足は後ろに蹴るのではなく置いていくイメージで走っています。

多く行っていたのは頭の位置は変えず前へ進むスキップです。しっかり脚で地面が押せ切り返しが速くなるので試してください。

短距離の選手が駅伝練習をするとピッチが低下すると聞きました。

川面 聡大
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ川面聡大です。
質問の答えはイエスです。

短距離と駅伝では走るスピードが違うわけですから、スピードに関するピッチ、ストライドは低下します。

ただし、常に駅伝の練習をしているわけではないと思うので、一時的なものだと思います。そして、駅伝のような体力作りも大事な練習だと思うので、メリハリを持って行えば問題ないと思います。

駅伝の練習は冬季だけの練習だと思うので、シーズンが近づいてきたらしっかり短距離のスピード練習を行い、冬に長い距離を走って蓄えた体力が後半の持久力につながり良いフォームで長い時間走れることに繋がる可能性もあるので、駅伝の練習も短距離の練習も頑張ってもらいたいです。

砲丸投げの冬場のトレーニングではどんなことを重点的に鍛えたらいいですか?

田中透
Answer

こんにちは。チームミズノアスレティック田中透です。
中学校の砲丸投げ選手の冬場に重点的に行うトレーニングは、多く投げ込みを行うことだと思います。

中学男子は新規格になり砲丸の重さも変わり筋力の差が目立ってくると思います。そのためにも多く投げ込み、冬の間に「投げるための体力」をつける事が大切だと思います。

ウェイトトレーニングなどの体力トレーニングも確かに大事ですが、中学生の時期は実際に砲丸を投げることが一番の練習になります。寒くても、工夫をして、適当に投げずに、しっかりイメージして、意識して、その日の目標を持って投げましょう。また、投げられる場所がなくても、学校の教室や、家、公園など、技術練習やイメージトレーニングはいつでもどこでもできます(※周りに人や物が無いか注意しよう!)。

投てき競技において、技術練習やイメージトレーニングは実際に投げる練習と同じくらい大事です。 ふとひらめいたことが、後に「自分の最大の武器」になる可能性ももちろんあります。なので冬場は「実際に投げる練習」、「イメージトレーニングなどの技術練習」「基本的な体力トレーニング」、この3つを意識して行いましょう。

体力トレーニングは短距離、跳躍選手と混じって行うのも良いと思います。投てき選手は投げるだけでなく、「走・跳・投」全ての練習を行う必要があります。 なので中高生の時期はやり方さえ間違えなければ、別人のようにどんどん成長していきます。 来年のシーズンを最高のものにするために、この冬は、「頭」と「身体」をフルに使って頑張ろう!!!