MIZUNO

TABLE TENNIS

ジュニア男女準決勝、女子はダークホースの出澤が決勝へ!

DSC_0445.jpg

●ジュニア男子準決勝
宇田(JOCエリートアカデミー/大原学園)  4、5、11 谷垣(愛工大名電中)
戸上(野田学園高) −8、5、7、6 横谷(愛工大名電高)

●ジュニア女子準決勝
出澤(大成女子高) 7、−8、8、8 長崎(JOCエリートアカデミー/大原学園)  
大藤(ミキハウスJSC) 10、9、9 木原(JOCエリートアカデミー)


ジュニア男子準決勝は宇田と戸上が勝ち上がり、決勝は第1シードと第2シードの対戦になった。宇田に敗れた全中チャンピオンの谷垣は「サービス・レシーブからの展開で相手のほうが一段上でした。年末の選考会で負けていて、宇田選手はフォアが強いので打たせないようにしたかったですが、うまくいかなかった」と試合後にコメント。昨年よりも技術・戦術の幅が広がった宇田、決勝で戸上と相まみえる。


ジュニア女子では、2連覇を狙った長崎が出澤に敗れる波乱。出澤はバック面の粒高ラバーで、押し込むようなハーフボレー、スライドさせるショートなどを巧みに使い分け、長崎のミスを誘った。守備力も非常に高い。長崎としてはもう少し出澤に攻めさせてから狙いたいところだったが、プレーが強攻に偏ってしまった。木原のバック表ソフトの変化を苦にしなかった大藤が、出澤の変化球をどうさばくか。上写真は出澤、下写真は宇田。


DSC_0278.jpg
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ