MIZUNO

TABLE TENNIS

驚異の「チキータペア」、張本/長崎は快勝発進

DSC_0946.jpg

 混合ダブルス2回戦で、明豊高の渡辺/高橋をストレートで下した張本/長崎。試合後、張本が「練習したとおりのことができた。完璧に近かった」と語るほど隙のないプレー。その理由はズバリ、チキータだ。左腕の長崎のチキータはTリーグでも猛威を振るっているが、チキータを得意とする張本が「長崎さんはチキータが男子並なので、一発で決まるし、チャンスがくるので4球目で狙っていける」と語るほど。


 17年世界ジュニア選手権の際、女子JNT(ジュニアナショナルチーム)の渡邊隆司監督が17年の秋くらいから、チキータの強化とチキータの対応、その両方に取り組んでいると語っていた。JNT合宿では「どんなサービスを出されてもチキータで攻められること」を目指して、チキータの強化に取り組んだのだという。それから1年余り、今や長崎は日本女子でも屈指のチキータの名手だ。今大会では4種目にフルエントリーする長崎、「どの種目でも優勝できるように一戦一戦頑張ります」と語る。


 一方で、これからラウンドが進めば、チキータを狙われる展開が出てくるだろう。しかし、張本は「今日はチキータにふたりとも頼っていたので、ストップとツッツキが同じレベルでできれば、上に行けると思います」と冷静に自己分析し、油断は見られない。強豪ペアがひしめく混合ダブルスだが、爆発力ならこのペアが随一か。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ