MIZUNO

TABLE TENNIS

世界王者ペアの吉村/石川「今年はミックスで優勝したい」

DSC_6810.jpg

 17年世界選手権個人戦で混合ダブルス優勝を果たした吉村真晴/石川佳純のペアも、全日本の初戦を迎えた。菅沼/梅村ペアの前に、1ゲーム目は中盤で大きくリードされ、2ゲーム目は8−10で先にゲームポイントを握られるなど、苦しみながらも3−1で勝利。試合後、石川は「今日は2ゲーム目に挽回できたけど、1−1だったらもっと苦しい試合になっていた。でも、あまり守りに入らず、自分たちのプレーをしっかりしていくうちに調子が上がっていくと思うので、攻めの姿勢を崩さずに戦っていきたい」とコメントした。


 大会前にふたりで練習をしたのは4回ほどだというが、初戦で敗れたITTFワールドツアー・グランドファイナルの反省を生かし、互いに良かった点、課題になった点を話し合いながら質の高い練習ができたという吉村/石川。吉村は大会に向け、「世界代表を勝ち取るためのシングルス優勝がひとつの大きな目標。良い状態で大阪に入ることができて、自信を持って臨めているので、吉村真晴はまだ生きてるぞというところをファンの皆さんに見せられるように頑張りたい」と笑顔でコメントした。
 石川は「大阪で開催される全日本選手権は初めてで、自分自身、中学・高校と大阪で育ったのですごくうれしい。今回は3種目出場しているので、すべての種目で良いプレーができるように頑張りたい。ミックスでは世界チャンピオンになってまだ全日本で優勝できず、悔しい思いをしているので今年は全日本で優勝したい」と語った。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ