MIZUNO

TABLE TENNIS

ケンタにストレート勝ち! 水谷が今年も決勝へ

DSC_9211.jpg

●男子シングルス準決勝
水谷隼(木下グループ) 5、8、8、10 松平健太(木下グループ)




強い! 水谷隼が今年も決勝進出!
出足から松平がよく動き、キレのあるフォアドライブを打ち込んだが、水谷は両ハンドの正確なブロックとカウンターで対応。伸ばしたり、コースを突いたり、回転を殺してネットミスを誘ったりと自在にボールをさばき、得点を重ねる。松平もキレのあるフォアドライブを随所に見せたが、ラリー戦になると最後は水谷に打たされ、ミスが出る展開が多くなる。




3ゲーム目、松平が逆モーションのフォアフリックなどを決め、8−4とリードを奪うが、ここから水谷がなんと7点を連取する。8−8に追いついてから、チキータを狙い打つ回り込みパワードライブで勝負をかけ、次球は台上でのストップ対ストップで冷静に対応した。
4ゲーム目は松平が5−4、7−5とリードを奪ったが、水谷が9−9で追いつき、10−9でマッチポイント。ここは弧線の高い松平のバックドライブに強打をミスして10−10となったが、11−10の2回目のマッチポイントで、最後は水谷が回転を殺したバックブロック。松平のバックドライブがネットにかかり、ゲームセット!
試合後、決勝への抱負をたずねられて「決勝は自分のステージなので、最高のパフォーマンスを発揮したい」と答えた水谷。12年連続の決勝進出なのだから、それも納得だ。水谷の強さが最後まで際立つ一戦だった。




★松平健太の試合後のコメント
「攻めていたんだけど、連続攻撃をさせてもらえなかった。良い打球点で連続攻撃できていたら変わっていたかもしれない。水谷さんは両ハンドが強いので、ミドルを中心に攻めました。サービス・レシーブもうまいけど、そこを崩さないと勝てないので、意識しながら試合をしていました。
 同じ木下グループなので、年始から2週間ずっと練習はやっていました。今日はプレーする位置がよくなかった。水谷さんがいくらでも返してくる位置だったので、もっと前でプレーしないと勝てない。改めてどの位置でプレーするかが大事だと感じました」

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ