MIZUNO

TABLE TENNIS

ついに最終日。天皇杯&皇后杯は誰の手に??

★大会最終日・1月21日のタイムテーブル
10:00〜
●女子シングルス準決勝 伊藤美誠(スターツSC) vs. 石川佳純(全農)
11:00〜
●女子シングルス準決勝 平野美宇(JOCエリートアカデミー) vs. 永尾尭子(アスモ)
12:00〜
●男子シングルス準決勝 水谷隼(木下グループ) vs. 松平健太(木下グループ)
13:00〜
●男子シングルス準決勝 森薗政崇(明治大) vs. 張本智和(JOCエリートアカデミー)

15:00〜 ●女子シングルス決勝
16:00〜 ●男子シングルス決勝


7日間に及んだ全日本選手権も、今日が最終日。男女シングルスの準決勝・決勝の6試合が、1台のみのセンターコートで行われる。
女子シングルスは伊藤対石川、平野対永尾。伊藤対石川は、朝から会場で石川がバック表ソフトのチームメイト・森薗美咲と練習し、バック表ソフト対策に余念がない。昨年のブルガリアオープンとチェコオープン決勝で対戦し、1勝1敗の両選手によるビッグマッチだ。平野対永尾は、中国での練習・試合の経験が豊富な平野が、粘着性ラバーを使う永尾に対しては有利か。ピッチの早さでも平野が圧倒するだけに、平野優位は動かない。


男子シングルスはまず水谷対松平健。水谷が後ろに下がるようだと松平にもチャンスが出てくるが、準々決勝の神戦で出足から速攻を仕掛けた水谷は、簡単には下がらないだろう。お互い手の内を知り尽くしていることを考えると、やはり水谷が有利。そして森薗対張本は、左腕のフォアサイドを切る張本の強力バックハンドに、森薗がどう対応するか。さあ、いよいよ全日本選手権もクライマックス。会場の外には体育館の裏まで長く伸びる行列ができていた(下写真)。


DSC04422.JPG
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ