MIZUNO

TABLE TENNIS

女子ダブルスは早田ひな/伊藤美誠が初優勝!

DSC_0335.jpg

●女子ダブルス決勝
早田ひな/伊藤美誠(日本生命/スターツSC) −5、7、9、5 梅村優香/塩見真希(四天王寺高)


 女子ダブルス優勝は早田ひな/伊藤美誠!
 1ゲーム目は5−4から7点連取を喫して落とした早田/伊藤だが、守備力の高い梅村/塩見に対して強引に攻めすぎ、ラリー展開が悪くなった印象があった。2ゲーム目からはそこをきっちり修正し、スピードで攻めるボールと回転で攻めるボールのメリハリをつけ、特に早田のループドライブは何本もブロックのミスを誘った。
 3ゲーム目、早田/伊藤の10−5のゲームポイントから10−7となり、早田/伊藤がタイムアウト。10−9まで梅村/塩見が挽回したこの場面が大きなヤマ場だった。強く攻めたくなる場面で、早田/伊藤はツッツキ対ツッツキから早田のブロックで相手のミスを誘い、11−9。ペアとしての成熟度を感じさせた。4ゲーム目は出足から、伊藤のスマッシュとパワードライブで一気に突き放し、最後は10−5で早田のチキータがレシーブエース。ふたりは満面の笑顔で抱き合った。


★早田/伊藤ペアの優勝インタビュー
伊藤:早田選手と全日本に初めて出させてもらって、うれしいというよりホッとしたというのが一番です。1ゲーム目の最初はすごく良い状態で入ったんですけど、後半は相手が良いプレーを出してきて、自分たちがちょっと凡ミスが多くて落としてしまった。2ゲーム目からしっかり調整できたので良かったと思います。まずは自分たちが最後まで攻め切ることを第一に考えて、4ゲーム目は全部攻めていきました。
 自分たちから挑戦者のつもりでプレーすると、全日本が始まる前から決めていたので、向かっていけたと思います。


早田:決勝でこの舞台に立つことができて、美誠と組んで優勝できたので本当にうれしいです。最初のほうはちょっとフォアでいきすぎて、無理して打ってしまうボールがあったんですけど、後半はしっかり両ハンドを振っていけば自分のボールは通用すると確信してプレーできたので、それが良かったと思います。
 今日も「みまパンチ」が決まったり、自分のドライブがしっかり決まったりしていた。自分たちらしいプレーが決勝でできるのは自分たちの強み。また組ませてもらえる機会があったら、そういうところを伸ばしていきたい。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ