MIZUNO

TABLE TENNIS

ジュニア男女は張本智和と長崎美柚が優勝!

DSC_2869.JPG

●ジュニア男子決勝
張本智和(JOCエリートアカデミー) 9、9、9 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)
●ジュニア女子決勝
長崎美柚(JOCエリートアカデミー) −5、−5、11、5、8 塩見真希(四天王寺高)




ジュニア男女優勝は、JOCエリートアカデミーの男女のエース、張本智和と長崎美柚!
張本は男子ダブルスのパートナーでもある宇田にストレート勝ち。1ゲーム目は9−9から11−9、2ゲーム目は7−9から4点連取で11−9、ゲーム終盤での勝負強さを見せた。「決勝はすべて9本で、相手が思いきって攻めてきて、負けてもおかしくないような内容だったけど、しっかり冷静にコースを突いたり、サービスを考えて出したことが良かった」(張本)。スコアは0−3とはいえ、フォア・バックともストレートへの厳しい攻めが交錯する緊迫したゲームだった。張本は「3年経って、待ちに待った優勝なのでうれしい」と試合後に語った。




一方、長崎は0−2のビハインドから大逆転。正攻法の両ハンドで攻め、フォア表ソフトの塩見の堅い前陣攻守につかまっていたが、3ゲーム目から塩見のバックへ流すようなブロック、逆回転のチキータで塩見のリズムを崩した。
高校2年生、これが優勝への最後のチャンスだった塩見は、タイトルを目前にしながら失速。準決勝の大逆転勝ちした選手が、続く決勝では大逆転で敗れる。これが卓球の怖さだ。最終ゲーム10−8で塩見のサービスをフォアドライブで狙い打ち、優勝を決めた長崎は、昨年決勝で敗れた悔しさを晴らした。その目には涙があふれていた。上写真は張本と長崎の表彰、下写真は張本のプレー。




DSC_5217.JPG

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ