MIZUNO

TABLE TENNIS

ジュニア男女準々決勝。8試合すべてストレートでの決着!

TKS_8234.jpg

●ジュニア男子準々決勝
宇田(JOCエリートアカデミー/大原学園)  6、11、5 堀川(愛工大名電高)   
谷垣(愛工大名電中) 10、9、6 今泉(野田学園中)
横谷(愛工大名電高) 1、9、8 松島(木下グループ) 
戸上(野田学園高) 5、5、7 篠塚(愛工大名電中)

●ジュニア女子準々決勝
長崎(JOCエリートアカデミー/大原学園) 6、10、11 稲吉(希望が丘高) 
出澤(大成女子高) 4、6、9 木塚(済美高) 
大藤(ミキハウスJSC) 4、9、4 青木(横浜隼人高)   
木原(JOCエリートアカデミー) 4、7、1 相馬(遊学館高)


ジュニア男女準々決勝は、意外にも8試合すべてがストレートでの決着!
ジュニア男子では、第1シードの宇田と戸上がともにストレート勝ち。戸上に敗れた篠塚は「自分から攻めようと思っていったけどレシーブから相手に仕掛けられた。自分から攻める場面が少なくなってしまった。威力があるので、簡単にカウンターはできなかった」と戸上の豪打に脱帽した。小学5年生の松島は、横谷の徹底したフォア前へのサービス、ドライブでのフォア攻めで大きく振り回され、得意のバックを生かせずに敗れた。


ジュニア女子のベスト4は、世界ジュニア代表の長崎、大藤、木原に右シェーク異質の出澤という顔ぶれ。長崎は連覇へのプレッシャーか、ややプレーに硬さが見られるが、要所は得意のチキータから両ハンドの強打で得点した。上写真は長崎。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ