MIZUNO

TABLE TENNIS

ジュニア女子も8強決定。長崎、連覇へ着実に前進

DSC_9454.jpg

●ジュニア女子5回戦
長崎(JOCエリートアカデミー/大原学園) 7、5、8 藤田(横浜隼人高) 
稲吉(希望が丘高) −7、−8、8、8、6 新井(丸子橋卓球スタジオ) 
木塚(済美高) 1、6、8 麻生(香ヶ丘リベルテ高) 
出澤(大成女子高) −9、3、4、7 川北(正智深谷高) 
大藤(ミキハウスJSC) −9、11、−9、5、7 谷渡(富田高) 
青木(横浜隼人高) −5、8、12、5 岡田(明徳義塾中・高)  
相馬(遊学館高) −7、4、8、−4、6 浅井(桜丘高) 
木原(JOCエリートアカデミー) 6、7、3 中森(ミキハウスJSC)


ジュニア女子も5回戦が終了し、ベスト8が決定!
高校生に混じって中学2年生でベスト8入りを決めたのは、大藤沙月と木原美悠。ともに昨年12月の世界ジュニアでもベスト8に入った「超・中学生級」の逸材だ。上写真の大藤は、谷渡(富田高)に1−2とゲームをリードされながら、流れるように正確な両ハンド攻撃を貫いて逆転勝ち。木原はバック表ソフトのテクニックがより多彩になり、時に現女王の伊藤美誠を彷彿とさせるような、緩急のテクニックも見せる。一般でも優勝戦線を賑わせそうだ。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ