MIZUNO

TABLE TENNIS

混合ダブルスでベスト8が決定。張/森薗が円熟のプレー

DSC_3110.jpg

●混合ダブルス4回戦
森薗/伊藤(岡山リベッツ/スターツSC ) 5、8、2 龍崎/山本(明治大/中央大) 
上村/木村(大阪桐蔭高/専修大) 6、−7、6、6 渡辺/天野(明治大/サンリツ) 
皆川/上野(立命館大/龍谷大学友会体育局卓球部) 10、−8、8、5 山本/徳永(リコー/早稲田大) 
田添健/浜本(木下グループ) 3、12、1 森田/平(シチズン時計/サンリツ) 
上村/阿部(シチズン時計/早稲田大) 7、−10、12、−9、7 高見/船本(愛知工業大)  
張/森薗(Y.Y卓球クラブ/TOP名古屋) 9、−8、7、6 吉田/加藤(岡山リベッツ/日本HD)
張本/長崎(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー/大原学園) 8、6、−6、10 及川/安藤(専修大)
軽部/松本(鹿児島相互信用金庫/サンリツ) 7、5、9 高取/熊中(法政大/青山学院大)


大会第2日目の最終試合は、混合ダブルスの4回戦(ベスト8決定戦)。社会人・学生の強豪選手が顔を揃え、例年になくレベルの高い戦いが繰り広げられた。


上写真は吉田/加藤との接戦を制した張一博/森薗美咲。勝利を決めた4ゲーム目終盤のプレーは、張の台上プレーと森薗のバック表ソフトの攻守で巧みに得点を稼ぎ、まさに円熟の境地。平成25年度大会の優勝ペアが、錆びないコンビネーションを見せてくれた。下写真は渡辺/天野との激しい打撃戦を制した上村/木村。左腕の上村が高校生らしい積極的な攻撃を見せ、強打者ペアの渡辺/天野をノックアウトした。


DSC_3081.jpg
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ