MIZUNO

TABLE TENNIS

男子シングルス6回戦、大島祐哉が初のベスト8!

DSC_4467.JPG

●男子シングルス6回戦
水谷(木下グループ) 8、-3、8、3、8 田添健(専修大)  
神(シチズン時計) 9、-11、5、8、-8、4 藤村(日鉄住金物流)
松平(協和発酵キリン) 6、5、10、7 龍崎(明治大)  
松平(木下グループ) 4、5、8、4 田添響(専修大)
森薗(明治大) 5、8、6、5 岸川(ファースト) 
渡辺(明治大) -9、15、-9、9、-7、11、7 吉田(協和発酵キリン)
大島(木下グループ) 9、-9、7、3、6 上村(早稲田大) 
張本(JOCエリートアカデミー) 10、1、7、5 定松(中央大)




男子シングルスも6回戦が終了!
水谷はラリー戦では田添のパワードライブに押される場面もあったものの、サービス・レシーブで確実に先手を取った。「水谷さんとは公式戦では初めてで、練習でやっていても試合のサービスは違う。切る・切らないだけじゃなくて、高さも変えてくるし、レシーブが難しかった」と田添に言わしめた水谷。王者の技術力はさすがだ。




張本はバックハンドの技術力の差を見せ、定松に快勝。神は今まで勝ったことがない藤村から初勝利を挙げ、「過去0勝3敗、良い意味であきらめて臨んだ、自分にやれることだけをやった」と試合後に語った。ナショナルチームのメンバーが8強に名を連ねる中、健闘が光るのが明治大の渡辺。吉田にマッチポイントを奪われながら、中陣での驚異的な粘りと安定したフォアドライブで逆転勝利。大きく吠えた。




そして大島(上写真)は、早稲田大の後輩である上村に4ー1で勝利し、初のベスト8進出。上村は試合前に「苦手意識はない」と語っていたが、相次ぐ激戦を乗り越え、完全に波に乗ってきた大島の勢いを食い止めることはできなかった。バックハンドの進化で、上村に対しても力攻めだけでなく、左右に動かして得点できるようになっている。明日の大島の対戦相手は、12月の選考会で惜敗した張本。この選考会では敗れたが、これまではむしろ分の良い相手。気合い満点の迫力あふれるバトルになりそうだ。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ