MIZUNO

TABLE TENNIS

ジュニア女子4回戦、張本美和はゲームオールで惜敗

TKS_5073.JPG

●ジュニア女子4回戦
長崎(JOCエリートアカデミー/大原学園) -5、11、5、5 横井(ミキハウスJSC)
藤田(横浜隼人高) 9、-9、4、-7、7 赤江(貝塚二中)
稲吉(希望が丘高) -8、7、-5、3、8 桑原(正智深谷高) 
新井(丸子橋卓球スタジオ) 7、-5、9、6 信田(富田高)
麻生(香ヶ丘リベルテ高) -9、-10、2、9、5 出雲(遊学館高) 
木塚(済美高) 4、5、-9、12 伊藤(ヴィスポことひら)
出澤(大成女子高) -10、4、-1、13、9 小塩(JOCエリートアカデミー) 
川北(正智深谷高) -7、12、-8、9、7 菅澤(ミキハウスJSC) 
大藤(ミキハウスJSC) 5、8、3 原田(桜丘高)
谷渡(富田高) 9、8、9 津隈(遊学館高) 
岡田(明徳義塾中・高) -8、-7、11、9、4 皆川(神須学園高) 
青木(横浜隼人高) 6、7、-10、-9、8 張本(木下グループ) 
相馬(遊学館高) 8、7、10 田中(希望が丘高)
浅井(桜丘高) 4、-9、5、9 松井(横浜隼人高)
中森(ミキハウスJSC) 9、8、9 海保(武蔵野高)
木原(JOCエリートアカデミー) 10、-8、4、2 福岡(三田学園高)


ジュニア女子も4回戦が終了!
大会最年少、小学4年生の張本美和(上写真)は昨夏のインターハイベスト8、左腕の青木(横浜隼人高)にゲームオールで惜敗した。ゲームカウント0−2の劣勢から2−2に追いつき、最終ゲームも1−5から5−5、8−8と最後まで粘りを見せたが、ここで台上に浮いたボールに対するバック強打がミス。最後は青木が3点連取で試合を決めた。張本、今日は女子シングルス2回戦にも出場する。


長崎、大藤、相馬、木原という世界ジュニア代表組はいずれも勝ち上がり、ベスト16進出。カットのホープ小塩は、ゲームオール9−11で惜しくも敗れている。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ