MIZUNO

TABLE TENNIS

平野美宇と永尾尭子、ベスト4に勝ち名乗り!

DSC_8878.jpg


●女子シングルス準々決勝 
平野(JOCエリートアカデミー/大原学園) -11、9、-3、10、-4、9、8 松澤(十六銀行)    
永尾(アスモ) 10、-7、-8、-3、9、9、7 佐藤(ミキハウス)




女子シングルス準々決勝の最初の2試合は、ともにゲームオールにもつれ込む大接戦の末、平野(上写真)と永尾が勝利!


平野は全日本でなんと4年連続の松澤戦。フォア前に徹底してバックサービスを集め、レシーブはフォアからミドルに送り、バック対バックに持ち込ませない松澤。先に平野に打たせてのカウンター、逆に打たれた時の緩急をつけたブロックで得点を重ね、ゲームカウント3−2とリードした。
しかし、「2−3になってから気持ちが変わって入るようになった。ミスばかりで『入らないな』と思っていたのが、『勝つしかない』と吹っ切れた。もう白目を剥きながらやってました」と試合後に語った平野。ここから気持ちが吹っ切れ、受け身だったプレーがガラリと変わる。6ゲーム目、10−4から10−9まで挽回される苦しい場面を乗り越え、強烈な両ハンドドライブをサイドを切って打ち込む平野。追い詰められて開眼した平野が勝利した。




永尾対佐藤は、カット打ちにやや不安を抱える永尾に対し、佐藤有利というのが戦前の予想。長いラリーからの決定打にミスが多かった永尾だが、「5ゲーム目からツッツキを混ぜたり、ゆっくり打つのと強く打つのを混ぜていったのが良かった」とコメント。フォアで強打が難しいボールはツッツキが確実につなぎ、左腕特有の大きく曲がるシュートドライブを要所で決めた。フォア面に粘着性ラバーを使用しているため、非常に大きく曲がる。
佐藤は終盤、勝利を意識したか、攻撃のミスがやや多くなった感あり。カット型を上回る粘りで永尾が勝利を収めた。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ