MIZUNO

TABLE TENNIS

ジュニア男子3回戦、優勝候補は揃って勝ち上がる

DSC_2416.jpg

●ジュニア男子3回戦の主な結果
宇田(JOCエリートアカデミー/大原学園) 4、5、7 加藤(益子卓球ジュニアクラブ)
谷垣(愛工大名電中) 8、9、9 三谷(城南高)
原田(石田卓球クラブ) 9、-7、9、7 松本(静岡学園高)
松島(木下グループ) -8、6、7、-8、8 濱田(愛工大名電中) 
手塚(明徳義塾高) 10、7、8 岡野(関商工高)
前出(松生TTC) -3、8、11、10 中川(安田学園中)
曽根(愛工大名電高) 8、6、9 中村(明豊高)
篠塚(愛工大名電中) 5、5、7 相坂(青森商業高)
戸上(野田学園高) 7、4、3 坂本(富田高)


ジュニア男子もスーパーシードが登場する3回戦が終了。第1シードの宇田、第2シードの戸上をはじめ、優勝候補の選手たちが軒並み勝ち上がる中、健闘を見せるのが小学5年生の松島輝空(そら)。スーパーシードの濱田との長いラリー戦でも集中力は最後まで途切れず、臆することなく相手のフォアへボールを送った。勝利の瞬間、両手を広げて大きくガッツポーズ!


★松島輝空・試合後のコメント
「浜田さんには今までボコボコにされて負けていて、今日は試合前に対策をして臨みました。今日もミドルやバックを攻めても対応されていたので、途中からフォアを攻めるようにして、浜田さんのナックルのフリックを狙っていきました。競り合いになればなるほど声を出すことで、足も動くし、自分の力が発揮できる。明日は勝って、メダルを獲りたい」


前回大会の決勝で張本に敗れた宇田は、ストレート勝ちで4回戦に進出。「今年はジュニアに出られる最後の年なので、負けられない。でも優勝したことはないので、挑戦する気持ちで最後までやれればいいと思います。張本がジュニアに出場しないことで、『自分が優勝しないと』という気持ちはありますが、プレッシャーを感じないよう、自分をコントロールして試合に入りたい」と試合後に語った。上写真は松島、下写真は宇田。


DSC_7444.JPG
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ