MIZUNO

TABLE TENNIS

混合ダブルス3回戦、吉村/石川が敗れる波乱...!

DSC_7110.jpg

●混合ダブルス3回戦・一部の結果
森薗/伊藤(岡山リベッツ/スターツSC) 6、5、9 長門/桑原(埼玉工業大/正智深谷高)
張本/長崎(JOCエリートアカデミー 9、9、7 中村/木村(埼玉工業大/正智深谷高)
森田/平(シチズン時計/サンリツ) 10、8、3 米倉/山本(希望が丘高)
張/森薗(Y.Y卓球クラブ/TOP名古屋) 3、7、5 星/張本(仙台ジュニアクラブ/木下グループ)
高見/船本(愛知工業大) 6、8、−8、4 吉村/石川(名古屋ダイハツ/全農)
軽部/松本(鹿児島相互信用金庫/サンリツ) −8、6、8、−9、2 松山/平野(愛知工業大/豊田自動織機)


混合ダブルス3回戦、森薗/伊藤、張本/長崎などの優勝候補のペアが確実に勝ち上がる中、吉村/石川ペアが敗れる波乱!


波乱を演出した最大の要因は、バックハンドの名手・高見のチキータと台上バックハンドだ。同じくチキータを得意とする吉村が「彼のバックハンドからのラリーではほとんど得点できなかった。めちゃくちゃ速かったですね」と語るほど。「高見のチキータや台上バックハンドは非常に良かった。自分たちのラリーに持ち込む前にバックハンドで決められて、常に後手後手に回ってしまった。相手が強かったと思います」(吉村)。


石川は「2ゲーム目に最初2本チキータを取れてからは、ほとんど取れなかった。どちらに打ってくるかわからなかったし、私のボールも相手のバックに集まってしまった」とコメント。「シングルスとダブルスで一戦一戦勝っていけるように頑張りたい」と語ったが、すぐには気持ちは切り替えられないという様子だった。ダブルスは何が起こるかわからない。上写真は吉村/石川。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ