MIZUNO

TABLE TENNIS

森薗/伊藤、2年越しで10試合連続のストレート勝ち!

DSC_9003.jpg

●混合ダブルス準々決勝
森薗/伊藤(岡山リベッツ/スターツSC ) 7、9、3 上村/木村(大阪桐蔭高/専修大) 
田添健/浜本(木下グループ) 6、10、10 皆川/上野(立命館大/龍谷大学友会体育局卓球部) 
上村/阿部(シチズン時計/早稲田大) 7、−6、6、−12、8 張/森薗(Y.Y卓球クラブ/TOP名古屋) 
張本/長崎(JOCエリートアカデミー) 12、−5、4、4 軽部/松本(鹿児島相互信用金庫/サンリツ)


混合ダブルス準々決勝、昨年度優勝の森薗/伊藤がこのラウンドもストレート勝ち。6試合すべてをストレートで制して優勝した昨年度大会から、2年越しで実に10試合連続のストレート勝ちという、驚くべき強さを見せている。「1・2ゲーム目も接戦だったのをしっかり取れて、3−0で勝つことができました。接戦の中でも互いに話し合って、良い形で3ゲーム目に入ることができたと思います。明日に向けて良い流れをつかんだかなと思います」と試合後に笑顔で語った伊藤。森薗は「明日もしっかり準備したい。朝イチの試合はすごく難しいので、しっかり準備をしてエンジン全開で試合を迎えたい」とコメント。これだけ快勝を重ねても、全く油断は見られない。


その森薗/伊藤に闘志を燃やすのが、初のペアリングで準決勝進出を果たした張本/長崎。張本は「今大会で一番の優勝候補だと思いますけど、自分たちのプレーができれば穴は見えてくる相手だと思う。まずは準決勝で勝って、決勝に森薗/伊藤ペアが来たらしっかり対策して勝ちたい」と闘志満々のコメントを残した。森薗/伊藤の多彩かつピッチの早い攻守と、張本/長崎のチキータからの両ハンドが、決勝で相まみえるのか?


DSC_9032.jpg
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ