MIZUNO

TABLE TENNIS

男子ダブルス優勝は水谷隼/大島祐哉! 初優勝!

DSC_7527.JPG

●男子ダブルス決勝
水谷隼/大島祐哉(木下グループ)  9、ー12、9、4 上田仁/吉田雅己(協和発酵キリン)




男子ダブルス優勝は水谷隼/大島祐哉が初優勝!
試合は中盤まで、水谷/大島ペアがリードし、上田/吉田ペアが追いつくという展開。水谷/大島は序盤から大島がエンジン全開、フォアのパワードライブや台上バックドライブをビシビシ決めて、1ゲーム目を11−9で奪取。しかし、2ゲーム目は水谷/大島が2回のゲームポイントを奪いながら、13−12から吉田の鮮やかなチキータが決まった上田/吉田が取り返し、ゲームカウント1−1となる。


3ゲーム目は終盤まで競り合ったが、10−9で水谷/吉田がゲームポイントを握り、上田のフリックミスで11−9。この試合、上田の調子は最後まで上がらず。特に台上でのミスが多かった。
4ゲーム目は水谷/大島が4−1、7−3と中盤で突き放し、10−3でチャンピオンシップポイント。10−4で連続パワードライブを突き刺し、一気に決着をつけた!


★水谷/大島ペアの優勝インタビュー
水谷:今回初めて大島選手と組んだんですけど、初出場・初優勝で最高の気持ちです。練習試合の時から一度も負けたことがなかったので、勝つ自信はありました。
(明日のシングルスに向けての抱負は?)
水谷:今年は非常に良い準備ができたし、コンディションも最高なので、明日は悔いのない試合がしたいです。


大島:ダブルスで優勝できたことは本当にうれしく思いますし、苦しい試合も水谷さんと乗り越えて優勝できたのですごくうれしいです。水谷さんは勝負所での思い切ったプレーというのがすごく入っていたので、勝負所での強さを感じました。国際大会でのダブルスの活躍というのは森薗くんとのペアで、今回は水谷さんと組めて優勝できたのは大きかったです。


DSC_8278.JPG

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ