MIZUNO

TABLE TENNIS

厳しいミドル攻め、平野が橋本に昨年のリベンジ!

●女子シングルス準決勝

平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園) 7、8、9 橋本帆乃香(四天王寺高)


平野が昨年ジュニア準決勝で2ー3で敗れた橋本を、4ー0で完封。今年1年の成長を裏付ける勝利だ。

対戦相手が手こずる橋本の変化のあるバックサービスにもミスをせず、橋本の攻撃も前陣のバックブロックで跳ね返し、次球を確実に攻める橋本。継続的に取り組んできたスイングの改造のおかげで、1球カットを打っても上体がうわずることなく、連続で攻撃。特に早い打球点で橋本のミドルへ放つ攻撃が有効だった。


橋本は攻撃やサービスの変化で平野を崩せず、最後まで主導権を奪えなかった。第2ゲーム、5ー2とリードした場面でも、平野が両サイドを切る厳しいコースへフォアドライブを打ち分けてきて5ー5に追いつかれ、終盤の連続失点でゲームカウント0ー2。頻繁にラケットを反転し、相手をかく乱する「橋本ワールド」がここまで効かないとは......。


試合後、「カット打ちはあまりやっていない。なるべく早く試合を終わらせようと思っていた」と語った平野。一方、橋本は「平野さんは中国にいってプレーしたからか、威力が増し、メンタル面も崩れなかった。プレー全体は変わっていなかったとしても、安定感がすごく増していたのが印象に残った。ミドルの取りにくいところに攻められていると感じた」とコメントした。女子シングルス決勝は、2年連続で石川佳純対平野美宇だ。


  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ