MIZUNO

TABLE TENNIS

混合ダブルス2回戦、日本代表が続々登場!

DSC_0834.jpg

●混合ダブルス2回戦
森薗/伊藤(岡山リベッツ/スターツSC) 8、8、4 下山/木村(原田鋼業/中国電力)
田添健/浜本(木下グループ) 7、8、9 宮川/徳田(野田学園高/萩光塩学院)
森田/平(シチズン時計/サンリツ) 2、4、7 高橋/向山(JOY)
吉村/石川(名古屋ダイハツ/全農) 9、10、-8、5 菅沼/梅村(明治大/中央大)
吉田/加藤(岡山リベッツ/日本ペイントHD) 1、5、8 二木/後藤(駒澤大/中央大)
星/張本(仙台ジュニアクラブ/木下グループ) 7、-6、2、5 定松/田尻(鹿児島相互信用金庫)
張/森薗(Y.Y卓球クラブ/TOP名古屋) -9、5、5、7 手塚/馬場(静岡学園高/デンソー)
張本/長崎(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー/大原学園) 1、6、6 渡辺/高橋(明豊高)
軽部/松本(鹿児島相互信用金庫/サンリツ) -10、7、1、8 佐藤/米満(明治大/木更津総合高)


混合ダブルスは1回戦に続いて2回戦が行われ、大会初日から早くも日本代表プレーヤーたちが続々と登場。そのコートの上の席は立ち見が続出する盛況ぶりを見せている。
前回優勝の森薗/伊藤(上写真)は、出足から伊藤が男子選手のボールを事もなげに狙い打ち、観客席をどよめかせるプレーを連発。森薗も序盤は得意のチキータを狙われたが、中盤からうまくコースを散らし、チキータから伊藤の両ハンド強打につなげる展開が冴えて快勝。伊藤は試合後、「この会場での初戦なので、卓球台の弾みなどにも慣れて終えることができたのは良かった。ミックスが終わってからシングルスとダブルスに入るタイムテーブルなので、まずはこのミックスに集中したい。前回王者として強気でいきたいし、明日も楽しんで、目の前の試合をひとつずつ勝っていきたい」とコメントした。


下写真はダブルスのスペシャリスト森田と、全日本社会人女王の平という強力なペア。運動能力を生かし、中陣から回転量の多いフォアドライブを放つ森田と、前陣で両ハンドを叩き込む平のコンビネーションも良く、ストレート勝ちの完勝を収めた。


DSC_0903.jpg
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ