MIZUNO

TABLE TENNIS

松平健太、兄・賢二との兄弟対決を制す!

●男子シングルス準々決勝
水谷隼(木下グループ) 5、7、3、8 神巧也(シチズン時計)
松平健太(木下グループ) 5、9、−7、6、8 松平賢二(協和発酵キリン)


女子シングルスに続いて、男子シングルスも準々決勝が進行。最初の2試合は、水谷隼と松平健太が勝利を収めた。

水谷は大学の後輩で、手の内を知り尽くしている神に完勝。3ゲーム目は6−0、10−2と突き放すなど圧倒。「見てのとおりの完敗です。前に決勝で対戦した時は、水谷さんは最初はボールを合わせてきたし、普段は1ゲーム目は様子を見てくるんですけど、今日は1ゲーム目から置きにこなかった」と神は脱帽の様子だった。


もうひと試合は松平賢二と松平健太の「松平兄弟対決」。中陣で動き回る兄・賢二を、弟・健太が前陣で落ち着いてさばいた。6回戦では同じく中陣から攻める田添響を完封した健太。ストレートへのコース取りもうまく使い、賢二にバックドライブを振らせてミスを誘った。「「手の内を知っているので、ラリーになるので我慢強く攻め切ろうと思った。兄弟対決はやりづらいけど、いざ試合となれば一人の選手どうし。5回戦とかで当たるより、準々決勝のような上であたれたのはうれしい」(松平健太)。
一方、敗れた兄・賢二は「今日からコートが広くなって、勝手に台から下がって、勝手にミスしている。健太とは公式戦ではインターハイ、ビッグトーナメント、これが3回目かな。勝ってないです。台上がうまいんで、どんなサービスを出してもストップされる。されないようにアップ系サービスを出していっても止められる」と試合を振り返った。下写真は試合後、観客席の応援団に手を振る松平賢二と弟・健太。


_DSC5051.JPG
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ