MIZUNO

TABLE TENNIS

早田/伊藤は女子複銅メダル。日本選手はすべての戦いを終える


●女子ダブルス準決勝

丁寧/劉詩ウェン(中国) 12、9、6、ー6、3 早田ひな/伊藤美誠

陳夢/朱雨玲(中国) 6、6、ー6、8、7 馮天薇/ユ・モンユ(シンガポール)


早田/伊藤ペアは銅メダル。中国の最強ペア、丁寧/劉詩ウェンと見応えあるラリーを展開したが、1ー4で敗れた。

積極的な攻撃で5ー1とリードし、10ー9でゲームポイントも握った1ゲーム目を取りたかった。「1・2ゲーム目は出足はすごく良かったけど、中国はそこから追いついてくるし、競ったら強い。1ゲーム目を取りたかったです」と試合後の伊藤。一方、ミックスゾーンでも敗戦の悔しさを噛みしめていた早田は、試合前に中国ペアの対策を立てながら「返すことしかできなかった。それが中国との差。戦術を意地でも徹底して得点しなければいけない」と振り返った。


中国ペアはゲームをリードした中盤からは、深く切ったツッツキやタイミングを外すループで、早田/伊藤にうまく「打たせる」プレーも使ってきた。若いふたりがこの打たせるプレーを中国相手にできるようになるまでには、もう少し経験が必要だろう。しかし、ペアを組んで4カ月というふたりが見せた快進撃と、銅メダルという成績は見事。これからまだまだ強くなっていくペアだ。上写真は早田/伊藤、下写真は丁寧/劉詩ウェン。


  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ