MIZUNO

TABLE TENNIS

日本、男女ダブルスで3ペアがベスト8進出!


●女子ダブルス3回戦


福原/若宮 10、4、ー7、10、4 ジルベライゼン/ヴィンター(ドイツ)


●男子ダブルス3回戦


?松平/丹羽 8、?9、9、?3、6、5 アポローニャ/モンテイロ(ポルトガル)


森薗/大島 7、6、7、10 ヤカブ/ゴラク(ポーランド)



日本は女子ダブルスの福原/若宮、男子ダブルスの松平/丹羽、森薗/大島が揃って勝利。エントリーした4組中、3組がベスト8に入る健闘を見せている。


福原/若宮は充実と自信を感じさせるプレー。昨日の北朝鮮ペアとの試合を乗り切ったことで、プレーに余裕がでてきた。サウスポーの若宮が無理打ちをせず、正確にコースを突くプレーに徹しているのがいい。福原は動きにキレがあり、回り込んで放つカウンタードライブが高い決定率を誇っている。準々決勝では李暁霞/丁寧(中国)と相まみえる。「合宿の時から男子選手を相手にしたりして練習してきたので、そういったものを出し切ることができたらすごく良い勝負ができると思う」(福原)。



森薗/大島は、代表に抜擢した倉嶋洋介監督の抜擢に応えるベスト8入り。全日本チャンピオンペアの森薗/三部からパートナーを組み替え、代表に入った大島は「ぼくが森薗くんと組むということは、それなりの結果が求められるし、三部くんではなくぼくができることというのは、常に考えてプレーするようにしている。ぼくのフォアハンドは世界でも通用するという自信を持っているし、森薗くんもそこを生かしてくれる」と試合後にコメント。初めての世界選手権での戦いは「本当に楽しいです」と声を揃えた。明日の準々決勝では、張継科/許シン(中国)に挑む。



松平/丹羽はラリーに強いポルトガルペアに競り勝った。「相手はラリーに強くて、途中から4球目、5球目で終わらせるような戦術に変えました。初めてメダル決定戦に進むので狙っていきたい」(松平)。メダルを懸けた対戦相手は北朝鮮のキム・ヒョクボン/パク・シンヒョクだ。



上写真は森薗/大島、下写真は福原/若宮



  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ