MIZUNO

TABLE TENNIS

台上を制したミウ・ミマ。これが中学3年生?



●女子ダブルス1回戦


福原愛/若宮三紗子 8、4、8、3 ヒュー/ジャー(アメリカ)


平野美宇/伊藤美誠 6、3、4、2 ヘルミー/モントゥファル(エジプト/グアテマラ)



平野美宇、伊藤美誠の世界戦デビューは静かだった。それだけに、かえって「凄み」を際立たる結果になった。実力差のある相手とはいえ、出足からあわてず、騒がず、徹底して台上から崩した。ヘルミー/モントゥファルはほとんど両ハンドドライブを打たせてもらえず。あっという間に試合は終わった。会場には「平野」といううちわを持った美宇ファンが現れるなど、中国でも知名度は上がってきているようだ。


福原/若宮は精緻な台上プレーで、アメリカの若手ペアを寄せつけず。アメリカのジャーはインド系の選手で、近年急成長を見せているが、ダブルスで前後に揺さぶられると対応できず。試合後、福原はミックスゾーンで「しっかりダブルスの練習はやってきたので、落ち着いて試合をすることができました。次はシングルスで、その後のダブルスはたぶん北朝鮮ペアなので練習をやってきたことを出したい」と語った。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ