MIZUNO

TABLE TENNIS

日本、ドイツに痛恨の逆転負け。しかし、1位通過


 〈ドイツ 3ー2 日本〉

 ジルベライゼン ー4、ー5、ー5 石川○

○ゾルヤ 10、3、9 福原

 ヴィンター ー10、10、ー7、ー5 伊藤○

○ゾルヤ ー9、5、11、ー8、7 石川

○ジルベライゼン 6、9、ー7、10 福原


 日本女子、ドイツを2ー1とリードしながら、4番石川、5番福原が相次いで敗れ、ドイツに痛恨の逆転負け......!

 しかし、同時刻に行われた北朝鮮とチェコの一戦で、北朝鮮が3ー2で勝利したため、日本と北朝鮮、ドイツが4勝1敗で三つ巴。北朝鮮に3ー0で勝利し、ドイツに2ー3で敗れた日本が、3者間の計算によりグループB1位通過を決めた。


 日本はドイツの若きエース、左腕のゾルヤに2点を奪われた。ゾルヤの最大の武器は、安定感と回転量を兼ね備えたバックドライブとチキータ。福原の変化ブロックを打ち抜き、石川に対しては要所で男子選手並みのチキータを打ち込む。4番石川はバックハンドの強化策によって、バック対バックでも粘り強くラリーを展開。ゾルヤのフォアをカウンターのバックハンドで打ち抜く好プレーも見せたが、左腕同士のバック対バックで優位に立てなかった。


 ラスト福原は、トップで石川に完敗したジルベライゼンとの対戦。かつては苦手にしていたこともあり、どちらかというと相性の良くない相手。福原のバックハンドの変化を苦にせず、威力あるバックドライブをバックストレートに連発。福原のフォアサイドを厳しく攻めて、試合の主導権を握った。福原も第3ゲームを奪ったが、第4ゲームもやはりバックドライブをフォアに集められ、敗れた。


 試合後、涙を流した福原。間もなく行われるドローで準々決勝の対戦相手が決まるが、ドイツとの再戦になろうと、他のどこのチームに当たろうと勝つのみだ。女子準々決勝は明日夜に行われる。上写真は福原がジルベライゼンに敗れた瞬間、下写真はトップで完勝した石川。


  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ