MIZUNO

TABLE TENNIS

伊藤美誠、女子シングルスでベスト16入り!


●女子シングルス3回戦?


伊藤 4、ー7、8、2、10 陳思羽(チャイニーズタイペイ)


?丁寧(中国) 5、6、1、6 平野美宇



女子シングルス3回戦、伊藤美誠が過去0勝4敗と相性の悪かった陳思羽に快勝し、ベスト16入り。「今回は無理をしなかった。特にバック対バックで無理せずに戦うことができた。行くところは行く、でもミスせずにしっかり攻めて、相手のミスを誘うことができた。その判断が良かったと思います」。そう試合後に語ったとおり、飛びつきざまのフォアスマッシュを立て続けに決めたかと思えば、バック表ソフトの軽打で相手の焦りを誘う。ポーカーフェイスで、これまでは伊藤の焦りを誘っていた陳思羽が、逆にじれてしまった。
明日の4回戦の対戦相手は、3月のスペインオープンで勝利しているウクライナのビレンコ。昨日、福原を破った強敵だが、バック表ソフトを生かし、スマッシュにつなげる伊藤のカット打ちには定評がある。チャンスは十分だ。



続いて登場した平野美宇は、丁寧に及ばず。ブロックで振り回しても、強烈な回転量の両ハンドドライブをフォアに集められ、カウンターにミスが出た。「最初のほうは向かっていけたけど、最後のほうはレシーブがうまくできなかった。丁寧も世界選手権では絶対負けられないという気持ちになっているのでさらに強さが増している感じでした」(平野美)。元世界女王はさすがに強かった。上写真は伊藤、下写真は平野美。


  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ