MIZUNO

TABLE TENNIS

吉村真晴/石川佳純がメダル第1号!

●混合ダブルス準々決勝

吉村/石川 9、ー6、ー10、6、8、9 パク・シンヒョク/キム・ヘソン(北朝鮮)


吉村/石川が攻めのプレーを貫き、北朝鮮ペアを破って準々決勝進出。メダルが確定!


第1ゲーム、一進一退の攻防の中で、10ー9から吉村が強烈な3球目バックドライブで打ち抜き、先制した日本チーム。しかし、第2ゲームは終始リードされて落とし、第3ゲームも10ー6のリードから6点連取されて逆転を許す。メダル獲得を目前にして、暗雲が漂った。


しかし、試合後に石川が「苦しい場面でも何とか攻める気持ちを忘れず、粘り強くやれたのが大きかった」と語ったとおり、吉村/石川は攻撃の手をゆるめなかった。試合の終盤はスコアの離れない展開だったが、覚悟を決めた日本ペアのプレーが北朝鮮ペアを上回った。


勝利の瞬間、歓喜の抱擁を交わした吉村と石川。明日の準決勝では前回チャンピオンで、今日の準々決勝で閻安/武楊(中国)を破ったキム・ヒョクボン/キム・ジョンと対戦する。「準決勝の相手は前回のチャンピオンですが、自分たちの力を出せば良い勝負ができると思うし、ぶつかっていきたい」(石川)。吉村は「ここまで来たからには一番上を目指したいですが、まずは目の前の試合に勝つことに集中します」とコメント。十分に勝機はあるだろう。明日もガンバレ、ニッポン!


  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ