MIZUNO

RUNNING

ミズノランニングレッスン
正しいシューズの選び方 シューズの履き方

陥りやすいシューズ選びの間違い
年齢に関わらず、レースで自己ベスト更新に全力を尽くさないと気が済まない人に限って、薄いソールのレーシングシューズで練習したり、ひざにサポーターをしたりしています。薄く、軽ければ速く走れると思っているのは間違いです。そのような無理なシューズで練習するので、ひざを故障し、思うようなタイムが出ないと悪循環になっています。
以下のシューズ選びを参考に、自分に合ったシューズを選んでみてください。

シューズ選びの条件

ポイント1 目的にあったシューズを選ぶ
練習用かレース用か。
またどんな路面のコースを走るのか。
ポイント2 フィットするシューズを選ぶ
自分の足をよく理解し、夕方にきちんと履いてみて、フィット感の得られるものを選ぶ。
つま先は1cmくらい余裕のあるものが良いでしょう。
ポイント3 シューズの機能を知る
最近のシューズは機能が優れているので、衝撃吸収力やクッション性、安定性、耐久性、通気性など、ショップの店員さんに聞いたり、カタログなどをよく調べて判断しましょう。
>>ミズノのシューズテクノロジーはこちら


フットウエアアドバイザーのいる店では、自分のランニングのレベル、土踏まず(アーチ)の高さや足の硬さなど色々とチェックしてくれます。そして、それらを踏まえて自分の足に合ったシューズをお勧めしてくれます。
>>フットウエアアドバイザーのいる店へ行こう!


靴下選びのポイントは?

自分の足に合ったものを選ぶことが必要です。大きいよりは小さいものを。
どちらかというと小さめのサイズの靴下をのばして、
カカトを合わせてぴったりに履くことをおすすめします。
アクリル製のものは、走っていて靴の中で滑ってしまうのでNG。
最近は5本指のものも多くでているので、よれないようなローカットのものを選ぶとよいでしょう。



正しいサイズの選び方

まず靴ヒモを通して、足を入れます。

そしてシューズのヒールカウンター(カカトのあたる部分)にカカトを合わせてから、靴ヒモを締め、つま先に捨て寸とよばれる余りがどれくらいあるかで判断します。

この捨て寸は一般的にジョギング用で約1cm程度といわれています。
よく言われているような「シューズを履いて、カカト部分に人差し指を入れる」という方法では正しいサイズは選べません。

またシューズを履くときは必ず両足とも履くようにしましょう。人は左右で大きさが違っているからです。
つま先の捨て寸

PAGE TOP