INTERVIEW原動力インタビュー

目の前で歌を聴いてくれる人に、笑顔やハッピーを届けたいという想いが原動力

シンガーソングライター

井上 苑子

自分なりに考えて試行錯誤を繰り返すうちに、歌をたくさん歌うだけじゃなく、“自分自身を知ってもらえるように意識する”ことが大切だと気づいたんです。

全国各地で部活に汗を流す中高生を応援する『ミズノ部活応援宣言』のイメージキャラクターを務めるシンガーソングライター、井上苑子さん。小学生の頃から大阪で路上ライブを行い、2015年にメジャーデビュー。2017年12月には2枚目のアルバム『JUKE BOX』をリリースしました。そんな井上さんにとって、『壁』は決して嫌な存在ではないといいます。

「壁は身近な存在。壁があるから、それを乗り越えようと頭をひねって考え抜いて前進しようとする力が生まれます」

これまでのアーティスト人生の中で出会った最も高い壁は、路上ライブを始めたばかりの頃。誰も歌を聴こうと立ち止まってくれない時でした。そんな思わず気持ちが萎えてしまう辛い状況下でも、井上さんは「次の路上ライブでは、観客を前回よりひとりでも増やそう」と前向きに努力を重ねました。

「他の路上ライブを見たり、曲順を変えたのはもちろん、歌う自分の前に自己紹介の看板を立てたり、通りすがりのお客さんを私の前に呼び込んだりもしました。自分なりに考えて試行錯誤を繰り返すうちに、歌をたくさん歌うだけじゃなく、“自分自身を知ってもらえるように意識する”ことが大切だと気づいたんです」

いつも全力で歌い、時には考え抜き、時には勇気を振り絞ってお客さんに声を掛けるなど、自分の歌を聴いてもらうために飽くなき努力を続けてきた井上さん。その原動力はどこにあるのでしょうか。

「私の歌を聴いて笑顔になってもらいたい、ハッピーになってもらいたいという想いですね。しかも幸せなことに、私にはその想いを表現するステージがある。だから今はそうした想いに加えて、非日常感を楽しんでもらえるようなライブ空間を作れる、そんなアーティストになりたい」

最近は、憧れのアーティストと同じステージに立つ機会が増えてきたことで、新たな目標が生まれたそう。

「将来、自分のライブに憧れのアーティストさんをスペシャルゲストとしてご招待できるぐらい、大きく成長したいですね」

#powertoperform

読んだ感想や
あなたの「#powertoperform」を
コメントしてください!