2018.02.07

  • twitter
  • facebookブック
  • google+
  • line
  • poket

WAVE RIDER 1 "NO BORDER" "mita sneakers" "LIMITED EDITION for KAZOKU"

2018年、MIZUNOは大きな変革の時期を迎える。これまで国毎に様々なアプローチをしてきたが、長期的なビジョンのもとこれを統一。世界中のキーアカウントとパートナーシップを構築し、様々なプロジェクトを通して新しい価値を創造するグローバルプロジェクト「KAZOKU (カゾク)」が始動する。メンバーには「Patta」、「solebox」、「Slam Jam Socialism」、「Sneakersnstuff」、「mita sneakers」、「BEAMS」、「Wood Wood」、「Afew」、「Titolo」、「Hanon」、「Footpatrol」、「One Block Down」、「24 Kilates」が名を連ねており、機能美とデザイン美を追求したフットウエアを提案し、新たな市場を開拓していく。そんな日本語の“家族”から命名された本プロジェクトのトップバッターとして、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛け、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之 (クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers (ミタスニーカーズ)」を迎え、コラボレートモデル「WAVE RIDER 1 “NO BORDER” (ウエーブライダー1ノーボーダー)」をゲリラリリース。

1997年にMIZUNOが誇る革新的なテクノロジー「MIZUNO WAVE (ミズノウエーブ)」を初めて搭載したパフォーマンスシューズとして発表された「WAVE RIDER (ウエーブライダー)」。そんな名作の完全復刻を前にMIZUNOとmita sneakers、其々のフィールドである陸上競技場とアスファルトをボーダレスにする事をコンセプトとしたプロダクトとして“NO BORDER (ノーボーダー)”の愛称が付けられた本コラボレートモデルはアッパーにアスリートの平常心と集中力を助長しパフォーマンスを最大限に発揮させる為に開発された陸上競技場のブルーランニングトラックや一般道に設置されている交通標識からインスパイアされた鮮やかなブルーを配し、通気性に優れたナイロンメッシュや上質なスウェード、そして光沢感のあるパテントレザーと夜間の視認性を向上させるリフレクター(反射材)を巧みに配置。トゥ(爪先)にはブルーランニングトラックに引かれている分割線や、日本の車道に引かれている区画線から着想を得たホワイトラインをシーム(継ぎ目)を跨いでプリント。更にミッドソールにはアスファルトをイメージしたトーンの事なるグレーを配しながらスペックル(斑点模様)を施した。また、今モデルのアイコニックな機能である「WAVE PLATE(ウエーブプレート)」は昼夜別の表情を魅せるGLOW IN THE DARK(グローインザダーク)に仕上げる等、様々なデザインソースからインスパイアされたディテールをmita sneakersらしく散りばめて具現化。インソールにはMIZUNOとmita sneakersのロゴマーク、そしてmita sneakersのアイコンである「CHAIN LINK FENCE (金網)」と“東京改”の組み合わせを配し、オフィシャルコラボレートモデルである証が記されている。

■商品名■
WAVE RIDER 1 "NO BORDER" "mita sneakers"
"LIMITED EDITION for KAZOKU"

■カラー■
BLU/WHT/GRY/YEL

■価格■
¥17,800(+税)

■リリース日■
2018年2月10日(土)

■取扱い店舗■
mita sneakers(上野)
BEAMS JAPAN(新宿)

■ 問い合わせ先■
mita sneakers Tel.03-3832-8346
ミズノお客様相談センター Tel.0120-320-799

RECENTLY POSTED

最新記事