2017.08.31

  • twitter
  • facebookブック
  • google+
  • line
  • poket

- MARGARET HOWELL MIZUNO1906 M-LINE - モダンな佇まいへ昇華されたコラボレーションモデル

創業110周年を機にファッションカテゴリーのフットウエアとして再び日の目を見ることとなった「M-LINE」シリーズ。1972年より発売を開始した“M”ロゴをアイコンとしたフットウエアは当時の最先端技術を用い、様々な競技のアスリートを足元から支えた。履き心地は言わずもがな、無駄のない合理的なデザインは今なお色褪せることなく現代のファッションとも高相性だ。

復刻を遂げた新生「M-LINE」では過去のモデルをインスピレーションソースに、現代的な配色、ディテールを意識したフットウエアを兵庫県にある「山崎ランバード工場」で生産している。ここではシューズづくりのプロフェッショナルが様々な工程を一つ一つ丁寧に仕上げていく。そんなモノづくりの姿勢に呼応したのが英国ブランドの雄「MARGARET HOWELL」だった。

今回のコレボレーションでは、エキスパートランナー向けのシューズの木型を用いたモデル『MR1』をベースに、アッパー全体をオールブラックへと変更。ミッドソールはオフホワイトとハウスグレーのコンビネーションへアップデートを施した。2017年2月にロンドンで開催された「MARGARET HOWELL」のキャットウォークショーでも多くのスタイリングで使用され注目を集めた。現在「MARGARET HOWELL」の直営店舗では10月の発売を前に予約を受け付けているので気になる方はお早めに。

MARGARET HOWELL MIZUNO1906 M-LINE
本体価格 19,000 (税抜き)

MARGARET HOWELL ONLINE STORE
MARGARET HOWELL COLUMN

[問] アングローバル
Tel : 03-5467-7864

RECENTLY POSTED

最新記事