MIZUNO

GOLF

GENEM[ジェネム]

  • 製品情報
  • フィッティングショップ
  • フィッティング検証
  • 足型測定
  • プロも使用
  • MOVIE

検証 GENEMフィッティング ジャパンゴルフフェア(2/15~2/17)

次世代のグローバルスタンダード性能「ジェネム」新登場。

フィッティング数1,170名
今までに、1,170名がGENEMフィッティングを体感しました。

結果1

普段履いているサイズとの違い55%

「GENEMフィッティング」を体感した1,170名のうち、実に半分以上(638名)の人が普段履いているサイズと異なるという結果となりました。

申告と同じ 532
申告と違う 638
1,170

※ミズノ調べ

クラブのヘッドスピードは知っていても、自分の足のサイズを正確に知っているという人はあまり多くありません。
人の足もシューズもそれぞれ形があります。例えば26.0cmのシューズは、26.0cmの足の人のために作られています。仮に自分は26.0cmだと思っている人が、実際には25.0cmの足長だった場合、土踏まずをサポートする位置もずれ、また足が曲がる屈曲部もシューズと足でずれが生じ、結果的に非常に疲れやすいシューズ選びをしているという事になります。一方で、どんな高性能な商品でもサイズが合わなければ、そのシューズのポテンシャルを引き出してあげることも難しくなります。


大事な事は、まず自分の「足長」に合わせること。その中で幅が広いのか細いのかを見て、足幅タイプを変えてあげることが重要であると考えています。

結果2

ウィズ(幅)は、ほぼ分散

足型測定のデータをもとに「GENEMフィッティング」をすると、ウィズ(幅)分布は、EE、EEE、EEEEがほぼ分散するという結果となりました。

EEEE 33% EEE 30% EE 37%

ミズノ調べ

ミズノには約2万人の日本のゴルファーの足型データがあり、足幅はEEEを頂点として広くなだらかに分布していることがわかりました。
それを裏付けるように「GENEMフィッティング」では、ウィズが分散するという形となっています。足幅はこれだけ人によって違ってきます。
サイズ(足長)を合わせた次の段階で、ウィズを合わせるという事がいかに重要かが理解いただけるかと思います。

提案

豊富なサイズバリエーション!

3デザイン、10サイズ、3ウィズバリエーションの選べる180タイプ!

今回の「GENEM」は、EE、EEE、EEEEの3種類のウィズバリエーションと24.0~28.0、29.0cmの10種類のサイズバリエーションがあり、デザインバリエーションも加えると合計180タイプあります。
「GENEMフィッティング」では、足型計測によって、お客様ご自身のサイズをきちんと理解していただくことから始めます。
実際に半分以上の方が結果として普段履いているシューズと違うサイズになる可能性がある訳ですので、フィッティングの根拠となる情報をお知らせする必要があるからです。
「GENEMフィッティング」は、正しいシューズ選びのきっかけ作りであり、自分に合ったゴルフシューズで今まで以上にゴルフを楽しんでいただければと考えます。

プロもGENEMのはき心地を体感。

  • 竹本直哉プロ
    (フリー)

  • 芳賀洋平プロ
    (ゴルフレンジらんらん倶楽部)

  • 桑原克典プロ
    (ミズノ)

  • 佐藤信人プロ
    (フリー)

2013年「GENEMシリーズ」は、ミズノゴルフシューズ80年の歴史の集大成として、”日本のゴルフシューズに、新しいはき心地。”の名の下に、3機種からスタートしました。「GENEMフィッティング」が正しいシューズ選びのきっかけになり、今まで以上にゴルフを楽しんでいただければと思います。