MIZUNO

GOLF


スコアカードにラウンド内容を記録する

各ホールには、何打でボールをカップインするかを示す基準打数が決められており、これを「パー」といいます。基準打数はホールによってちがい、ショートホールは「パー3」。ミドルホールは「パー4」。ロングホールは「パー5」です。
ゴルフはこの基準打数をもとにしてホールを攻略し、全ホールの合計数の少なさを競います(「ストロークプレー」の場合)。
スコアカードは、コース攻略の成績表であり、記録です。プレーの後にスコアカードを見ると、自分の強いところや問題点が見えてきます。ショット数のほか、パット数なども記入し練習の参考にしましょう。


ホールの長さ(ティイング・グラウンドの中心からグリーンの中心までの距離)
  このホールの合計ストローク数(全ショット数+パット数)
パット数
競技名

ホールナンバー
ホールの難易度(ハンデキャップ)数字が小さいほど難しいホール
このホールのパー(基準打数)
アウト(前半)の合計スコア
本人の名前
同伴競技者(マーカーともいう)の署名
ラウンドした日付
同伴競技者のスコアを記入

イン(後半)の合計スコア
1ラウンドの合計スコア(アウト、インの合計=グロススコアともいう)
1ラウンドのネットスコア(グロススコア−ハンデキャップ)
ハンデキャップ(取得者のみ)

公式競技で使うスコアカード 公式競技では各競技者は、同伴競技者のマーカーになってスコアおよびパット数を記録、集計します。競技終了後に読み合わせをしてスコア記載に間違いがないことを確認し、両者が署名をして競技本部に提出します。
※このスコアカードはサンプルです。競技会によって形式がことなることがあります。

  マーカー(水野花子)本人が記入した保管用スコアカード
 
合計スコア
合計パット数

  同伴競技者(水野太郎)の提出用スコアカード
 
スターティングホール
競技開催日
競技者の名前

同伴競技者(水野太郎)の署名マーカー(水野花子)の署名

合計スコア
合計パット数