フィッター紹介

GCF CENTERでは、ミズノに在籍する(同等資格を持つ)フィッターが直接あなたにフィッティングを行っています。
ミズノが誇るフィッターが直接あなたに最適なゴルフクラブをご提案します。

ミズノのフィッターの中でもマスターフィッターの称号を持つ清水俊充。

父が世界トーナメント経験を数多く持つ陳清波プロということもあり、将来は「ゴルフに関わる仕事がしたい」と考えるようになったそう。
ミズノ入社後は数多くの契約ゴルファーのツアーに帯同し、海外でもクラブメンテナンスの現場を体験。
これらの経験を活かし、ミズノのフィッティング事業の立ち上げ時からフィッターとして第一線で活躍し続けています。

「初心者、上級者にかかわらず、一人でも多くの人にSWING DNAをお試しいただきたいですね。ちょっと覗いてみる感じで結構ですから。自分のスイングで気になる部分があれば、ぜひ自分のSWING DNAを発見してスッキリしていただければと思います。」

マスターズで中島常幸プロのキャディを務めた初の日本人

マスターフィッターの称号を持つ藪本茂治は、学生時代はアマチュアとして「日本オープン」に出場したほどの腕前。
しかも1983年のマスターズでは、ミズノの契約プロだった中島常幸プロのキャディを務め、マスターズでキャディを務めた初の日本人となった。
そしてミズノのフィッティング事業の立ち上げを、準備期間も含めて誰よりも早く携わり尽力し、現在もフィッターとして活躍しながら後進の指導にもあたっています。

「どんなレベルのゴルファーの方でも、SWING DNAで自分を知ることは、ステップアップの第一歩だと思います。
ぜひ一度自分のSWING DNAを見つけていただいて、スコアアップのヒントにしていただきたいですね。もちろん、練習は必要ですよ(笑)」

ショップでのリペア、営業などを経てフィッターに。

チーフフィッターの渡辺裕貴は、ツアーに帯同してのクラフトやショップでのリペア、営業などを経てフィッターに。
わかりやすい説明と語り口で多くのお客様に指名される人気フィッターだ。

「昔は『あのプロと同じボールやクラブを使えば、同じボールが打てる』と考えられた時代もありましたが、今はそんな考えのお客様はほとんどおらず、逆に情報が多すぎるという問題が生まれています。
自分に合った正しい情報を判断するためにも、まずはSWING DNAで自分を知ることをおすすめしたいですね。
クラブフィッティングでは、お客様のゴルフ観というか理想の球筋や弾道を実現するためのご提案をさせていただきます。 SWING DNAは、初心者からゴルフ歴が長いベテランまでお役に立てます。」

クラフトマンの肩書きも持つチーフフィッター

クラフトマンの肩書きも持つチーフフィッターの平井誠一。
過去にはヨーロッパツアーにクラフトマンとして参加し、あらゆるトッププロのクラブを調整してきました。
現在はその経験をもとに、フィッターとして活躍中です。

「クラブフィッティングと聞くと、「上手な人がやるもの」「高価なクラブを買わされるんじゃないか」といった印象をお持ちの方がおられるかもしれません。
しかし、クラブも洋服や靴と同じ『サイズもの』。ミズノのSWING DNAを用いたクラブフィッティングは、まさにクラブの試着。
そんな感覚でSWING DNAを調べに来ていただけると、我々も嬉しいですね。」

販売経験が豊富なチーフフィッター

経験豊富な販売とフィッティング経験により、学生からトップアマチュアまで多数の顧客から支持されています。
接客、フィッティングを通じてお客様のお役に立つこと、喜んでいただくことをモットーとしています。

「一番大切なことは、それぞれお持ちの感覚を大事にしていただくことです。
さらに、ご自身の感覚のままで、満足できる結果が出るスペックを使用していただくことです。
限りない力を持っている“感覚”を大事にしてもらうことが理想だと思います。」

上記に紹介した以外にも、ミズノには優秀なフィッターが多数在籍しています。
是非お近くのGCF CENTERで、あなただけのカスタマイズクラブを手にしてください。