スピード、ボールスキル。
試合を決定づけるプレーを生み出すには、その両方を兼ね備えたシューズが必要だ。

世の中にはスピードに特化したシューズがある。
その一方で、ボールスキルに特化したシューズもある。

しかし、現代サッカーにおいては、スピードとボールスキルの両方を兼ね備え、
すべてのポテンシャルをフルに引き出すシューズが必要ではないか。

ミズノが長年積み重ねてきたテクノロジーを結集し、
現代サッカーに求められる「スピード」と「ボールスキル」を兼ね備え、
さらにフットボーラーの足にフィットする「素足感覚」を凝縮させて完成した一足。

「レビュラ」
これこそ、すべてのフットボーラーが求めるシューズのひとつの到達点だと信じている。

競り合いでのボールコントロール、トップスピードでの駆け引き、現代サッカーでは、すべて高い次元で求められる。本田圭佑
常に裏を狙っている。一瞬の切り返しスピードとボールコントロールが勝負を決める。岡崎慎司
FWを抑え込むためには、FWに勝る瞬発力と、スピードが不可欠だ。吉田麻也
開発者インタビュー:「すべてのプレーヤーにとって、決定的なプレーを生み出せるフットボールシューズを作りたかった。」 ミズノ株式会社 グローバルフットウエアプロダクト本部 REBULA企画担当 水口聖裕
日本全国で部活プレーヤーに聞き込み、見えてきた新シューズ像。

ミズノのフットボールシューズ開発者は1年を通して、日本中の学校を巡っている。なぜか。それは日本発のフットボールシューズブランドとしてプロプレーヤーはもちろん、次世代を担う日本の部活プレーヤーを支えたいという想いが芯にあるからだ。だからたくさんのプレーヤーに会い、話を聞く。日本ブランドだからできる地道な聞き込みこそがミズノならではのシューズを生み出せると自負している。
訪れた先々の学校で部活プレーヤーの言葉を聞く中で一番多く、印象的だったのが「自分のプレーで試合を決めたい」、「相手よりもう一歩速く足が出ていれば」、「あの時のパスをうまくタッチできていれば」という答えだった。今は開発者の私も小・中・高校とサッカーをやってきた人間。その気持ちは痛いほどわかった。だからこそ一人でも多くのプレーヤーの力になるシューズを作らなくてはと、想いを強くした。

「スピード」と「ボールタッチ」。そして「天然皮革を扱うブランド」として。

キックよりもパスプレーが重視され、ポジションを超えたプレーが求められる現代のサッカーのプレースタイルを加味して、私たちが辿り着いたのは誰よりも早くスペースにたどり着くための「スピード」。その勢いを活かしたままボールをコントロールできる「ボールタッチ」の2つだった。この2つをとことん極めたシューズを目指し、開発はスタートした。 そして生まれたのが3つの先進機能。フレーム形状のクッション材により、屈曲性や軽量性を妨げることなくボールコントロール性を向上した「CTフレーム」。アウトソール中足部に搭載された斜め方向の屈曲溝により、高速ターン時の足の自然な蹴り出しをサポートする「D-フレックスグルーブ」。陸上スパイクのピンに発想を得た、スタッドのたわみを抑えてターンのキレを高める「スタビライザースタッド」である。
さらに天然皮革を扱うブランドとして、カンガルーレザーの使用にこだわった。アッパーのかかと以外にカンガルーレザーを採用することで、テストプレーでは、これまで以上の高いフィット感に好評をいただいている。
約2年にわたる開発期間を終え2017年にレビュラは完成を迎えたが、この先サッカーもプレースタイルもまだまだ進化するにちがいない。だからミズノは「うまくなりたい」「自分のプレーで試合を決めたい」と、ひたむきに努力を重ねるプレーヤーがいる限り、レビュラも進化させ続けていく。

REBULA LINE UP