スイム 平井伯昌 監督

スイム:平井伯昌監督

競泳・指導者
競泳日本代表ヘッドコーチ・監督を歴任。2013年より東洋大学法学部准教授、水泳部の監督に就任。寺川綾(現ミズノスイムチームアシスタントコーチ)をはじめ多数のメダリストを輩出。

野球 工藤公康

野球:工藤公康

野球・ピッチャー(現役当時)
[現役29年間の戦績] シーズンMVP2回、最優秀防御率4回、最高勝率4回など。
現役時代は妻の協力のもと食生活を一から見直し、長きに渡り活躍。

元プロ野球選手で2015年シーズンの福岡ソフトバンクホークス監督に就任した工藤公康さんが、アスリートをゲストに迎えてクロストークを繰り広げるMIZUNO ZONE LAB特集「工藤公康のプロフェッショナルtalKING」。番外編としてアスリートではなく、競泳日本代表ヘッドコーチで東洋大学水泳部監督の平井伯昌さんをゲストに迎えた。平井監督は、数々のオリンピックメダリストを育て続けている名伯楽。実績だけでなく選手への対応に定評があり、慕ってくる選手が後を絶たない。
平井監督の指導術には、監督を務める工藤さんも興味津々。個性のある選手に対して、どのように評価や指摘を行うのかというテーマについて話を聞きながら、選手の信頼を得られる理由に迫った。また、体作りのトレーニングに関して工藤さんと熱いトークを展開。流行ばかりを追いがちなフィジカルトレーニングの風潮に対しては警笛を鳴らす場面もあった。

選手には個性がある。個性に応じたアプローチをしなければ、指導と成長の結び付きは弱くなってしまう。平井監督は、日常での会話を多く持つことで選手の性格の把握に努めるという。個性が強く、プライドが高い選手は指導者にとって厄介なものだが、平井監督はその欠点をズバリと指摘するという。

「プライドが成長を妨げる」

<工藤>
各選手の個性をどのように判断し、対応しているのですか。プライドの高い選手など、正直、扱いにくい選手もいますよね。

<平井>
以前、寺川綾選手(ロンドンオリンピック女子100メートル背泳ぎ銅メダリスト)には「水泳と関係ないことをベラベラとしゃべって来る」とインタビューで言われてしまったことがありますが(笑)、練習中だけでは分からないことが多いので、ストレッチや陸上トレーニングをする時間を使って選手に色々と話しかけます。日常会話を含めて、時間をかけてコミュニケーションしないと選手の考え方は分からないと考えています。手がかかるのは、自分を重点的に見てもらいたい、かまってもらいたいと思っている選手。チームで設定している標準レベルを下回っているところで「頑張りを認めてほしい」という態度をとられても、いちいち褒めていられません。プロセスとして努力は認めますが、その話をするのは個別のときだけで良いと思っています。勝負の世界ですから、結果を出せたときに初めて褒めるべきだと思っています。

<工藤>
指導の際、選手の性格によってコミュニケーションの方法を変えますか。

<平井>
基本的に、気付いたことはすぐに伝えるようにしています。ただ、自分のやり方に強い自負を持つ選手の場合は、すぐに技術的な指摘をしない方がいいこともあるので、伝えるタイミングを考えます。でもそのプライドこそがその選手の課題だと感じた時は、「そんなプライドは早く捨てないと良くならない。お前の態度はプライドじゃなくて、わがままと言うんだ」などと言って嫌な顔をされることもあります。コミュニケーションという面では、今の学生たちは、他人に関与したがりません。例えば、チーム内で誰かが辞めたいと言い始めたとしても、「最終的には本人が決めること」と言って突っぱねてしまいます。仲間なのに冷たいですよね。他人の問題に入って行こうとしないんです。だから私の場合は、相手の課題や悩みを積極的に聞き、相談にのることを心がけています。信頼関係を構築するために工藤さんが監督をなさるプロ野球は学生ではなくて実績のある選手ばかりだから、同じようにはいかないかもしれませんけど。

<工藤>
いや、野球でも勝手なこだわりが成長の障害になるケースは、たくさん見てきました。僕は先発投手をやっていましたが、急にリリーフをやるように言われたことがありました。プロ選手は、与えられた環境で成績を残さない限り、次のステップには進めません。だから、僕は監督やコーチと話をして評価を聞かないと現状把握ができないと考えていました。ただ「なんでオレが先発じゃないんだ。先発で投げるために頑張ってきたのに」という考えから離れられない選手もいて、結局求められる結果を出せず、出場機会を失ってしまうこともあります。今、話を聞いていてドキッとしましたけど、やっぱり指導者は言いにくいことでも伝えるべきことはちゃんと伝えて、選手に理解させるというのが大事ですよね。

指導は、優れた理論があれば誰にでもできるというものではない。選手は「この練習で本当に成長できるのか、結果を残せるのか」と不安を抱えるもの。一体となって練習に臨むには、指導者と選手との信頼関係が欠かせない。平井監督は、特に指導のスタートが肝心だという。

「指導者と選手の信頼関係」

<工藤>
調整法については、どのような工夫をされていますか。短期目標の連続や長期スパンなど、やり方はいろいろあると思いますが、目標に導くためには何が大事でしょうか。

<平井>
大きな大会での成功はもちろん大切ですが、始めの部分が大事だと思っています。シーズンが始まるときや、新しいメンバーで始めるとき。最初の大会で、選手にとってまずまず良い結果が出るように心がけています。よく、試合に勝った選手がインタビューで「やってきたことは間違っていなかったと証明された」と言いますよね。やっている間は疑っていたのかなと思うし、結果以外では証明はされないということかなと思います。だから、最初の大会で良い記録が出るとか、ある程度納得のいく泳ぎができるとか、選手が「この道を行くと、うまくいきそうだ」と思えることが大事じゃないかと思います。大きな目標到達するまでに、選手に成功体験を積み重ねてもらうことで指導者として信頼をしてもらうことが大事だと思います。

<工藤>
選手と指導者の信頼関係は見えにくいものだと思います。監督という肩書きがあることで、選手が監督を上の立場に置いて見て来るようなところがありますよね。なかなか本音を話してくれないとか。

<平井>
ありますね。目標設定にしても、指導者の立場である僕たちの前だから無理して高い目標を口にする選手もいますが、実際には目標に向けて取り組んでいるとは思えない、目標を見失ってしまっているケースがあります。自宅に呼んで食事をしながら実際の気持ちを聞くなんてこともやっていますが、それが選手に気を遣って、何かをやってもらうという形になってしまうというのはよくないと考えています。目的は、選手に好かれることではなく、大会で目標を達成すること。だから、嫌なことでもちゃんと伝えた方が、選手のためにも自分のためにもなる。練習や試合の場では我慢ばかりせずに思い切り指導した方がいいですね。指導者は、選手にお願いをしてやってもらうのではない人間関係にどうやって持っていくかを考えた方がいいのではないかと思います。

<工藤>
僕は選手時代の経験から厳しい指摘であっても、言ってもらった方が分かることが多いです。すぐには納得できなくても「コーチはそういう風に見ているんだな」と分かります。チームはみんな、勝つためにやっています。意地悪でやっているわけがないですよね。指導者はダメなものはダメと言った方が良いでしょうし、選手は何がダメなのかを素直に考えていくことが大事だと思います。

平井監督の教え子たちは、オリンピックという大舞台でも安定して力を発揮している。大会の直前は、選手が不安に駆られる時期。何度も調子を確かめたくなるものだ。しかし、平井監督は2~3週間は好調を維持できると考えており、ピークの状態を確かめ過ぎないことを要点に挙げた。工藤さんも自身の経験から練習で調子を確かめる方法の確立は重視しているという。

「ピークは確かめ過ぎないことが大事」

<工藤>
競泳は選手によって複数の種目に出場しますよね。大会期間中のどのあたりにピークを持っていくのですか。

<平井>
調子は、肉体、精神、技術の総合。肉体や技術は安定しやすいですけど、人は急に不安になるもので大会直前は精神面が重要です。2000年のシドニーオリンピックでは、高校生だった北島康介に「パチンコには確変というのがあって、確変に入ればしばらくはどんなに下手な奴でも玉が出る。お前はその状態に入ったから、もう試合がいつ来ても大丈夫。明日でもいい」と言いました。たとえがパチンコで申し訳なかったのですが、良い状態になったら2~3週間程度は大丈夫と考える方が良いと思っています。選手の状態が100%でなければ勝てないのか、85%くらいでも勝負できるのかという点は、選手と指導者の考え方次第だと思いますが、気持ちも乗って来ると、体のコンディションはそんなに短期間では落ちないものです。あとは、日々の練習で「悪い練習」を作らないことが大事。調子が悪い日に諦めてしまう選手は、肝心要のときにそういうものが出てしまいます。「悪くてもこの程度までに影響を抑える」という練習は、ベースとして必要だと思います。

<工藤>
「良い状態に入った」こと自体は、どのように判別するのですか。タイムや本人の感覚ですか。

<平井>
選手だけが好調と思っていることもありますから(笑)、いくつかの要素で判断します。これぐらいの頑張りでこれぐらいの記録という選手の感覚、それから記録そのもの、コーチの目、ビデオで撮った客観的なもの。そのうち3つくらいが重なっていれば本当に調子が良いというか、それで良いことにします。調子が良いときは、何度も状態を確かめたくなります。でも、この練習ではどうだ、あの練習ではどうだと確かめていると、体が疲労します。疲労することで調子が下がって来るものだと思うので、調子を上げ過ぎないというか、良いと分かったら全力でやらせないようにすると、結構長く維持できるのではないかと思います。

<工藤>
僕は選手時代に自分が試合でどうなるのかというのが、段階的に見えてくるようになりました。「この程度の状態で投げてこうなるなら、明日の試合になったらこうなる…」と自分の中でイメージができるというか、次に起こり得る現象が予測できるというか。練習で確かめられるようになりました。そうすると、周りの選手の様子が見えるくらいに気持ちに余裕が生まれて、良い状態で試合に臨めました。選手の性格にもよるでしょうけど、試合に臨むときには、まあ大丈夫だろうと思えるくらいがいいのではないかと思います。

後編はこちら