僕のミズノに対する信頼は一度も揺るがなかった。

── 人生初めてのバットは、お兄さんに借りたミズノのバットだったと伺っています。小学校の少年野球に入る時に、お父さんに「どうしてもミズノのバットとグラブが欲しい」とおねだりしたということ伺いました。引退されるまでずっとミズノの道具を使われてきたのですが、松井さんにとってミズノはどんな存在だったのでしょうか?

松井  憧れの野球メーカーで、その気持ちはずっと変わらなかったですね。ミズノの野球用品を使って草野球からその気持ちは途切れず引退するまでそのままでしたね。

── ミズノを使い続けてきた根本的な理由はなんですか?

松井  子供のときはもちろん憧れっていう事があったんですが、高校、プロと使っていって、バット、グラブ、シューズすべてにおいて、「こういう感じにしてほしい」「こういう形で使いたい」という要望に対して常にミズノには応えていただいたという事もあり、僕のミズノに対する信頼は一度も揺るがなかったですね。

── ヤンキースの元監督が「松井秀喜という選手を一言で表すとしたら」という質問に対して、「信頼に値する選手だった」と答えられていたのですが、松井さんにとってミズノは「信頼に値するブランド」だったのでしょうか?

松井  もちろんそうですね、道具の心配をした事は無いですね。

シーズン前に1種類つくり1シーズン使うということを引退まで続けました。

── 打撃のスタイルを構築する上でバットに求めてきたものは何だったんでしょうか?

松井  「いかに自分の身体の一部になるか」というのを常に考えてきたと思いますね。

── 巨人入団以前から久保田さんと二人三脚で「松井秀喜のバット」を作り続けてこられたと思うのですが、お二人の共通のこだわり、意思統一はあったのでしょうか?

松井  そうですね、僕は久保田さんに対してこうしてほしいとリクエストするだけだったのですが、それに対していつも100パーセントの答えを出してくださいました。久保田さんが「野球をやったこともないし、素人だから、要望された事をその通りにやるだけだった。結果的にそれが良かったのかもしれません。」と言われていたのが印象に残っています。

── 久保田さんから松井さんにバットに対する提案をされることはあったのですか?

久保田  それは無かったですね。ただバットの形を変えられる時に、「この形にすると、こういったデメリットがあるかもしれません」ということは申し上げました。たとえば「スイートエリアを手前に持ってくるとスイートエリアが狭くなる」といったようなことです。ただ実際はどうであるかわからないので、ティーバッティングをしていただき確かめていただきました。そんな時、松井さんは良い出来上がりだと言ってくださるのですが、本当に完璧に良いのか、まあまあ良いのかはいつも不安でしたね。

── 巨人に入団する時に、半年、一年間というサイクルでバットを使ってみてほしいと久保田さんからご提案されたということですが。

松井  それは鮮明に覚えています。バットをコロコロ替える選手もいますが、せめて一年間同じバットを使ってみて、それで何かあれば次のシーズンのバットに活かしてはどうかと言っていただきました。一年目は、最初3種類用意していただき、試してみて1種類に絞りました。翌年からはシーズン前に1種類作って1シーズンずっと使うということを昨年まで繰り返し続けました。

── 松井さんからの要望でこれは困ったなということはありましたか?

久保田  バットはヘッドを握って使っても大丈夫なんです、ルール上は。ですから選択肢は許容を超えなければ良いということを常に頭においていました。

── バットについて悩んだ時期はありましたか?

松井  やはりプロに入団した時ですね。高校までは金属バットだったので、そこで久保田さんにアドバイスをいただきながら、最初はいろいろ試してみました。僕が二年目になる時に落合さんが巨人に入ってこられて、工場で一度バットを持たせてもらったのですが「わぁ細いですね」というような話をしていた時に、久保田さんが「これは落合さんの技術があるからこそ使えるバットだと思う」と言われました。僕も少しずつ技術を身に付けてそういうバットに近づけていきたいと思いました。ジャイアンツにいた頃は年々そのバットに近づきつつありました。

── 松井さんのバット作りで苦労した点はありましたか?

久保田  メジャーに行かれた時にバットのヘッドが太くなったのですが、ボリュームを上げるとどうしても木が柔らかい方に動くんです。それで木を探すのに苦労しました。アメリカ・タンパのキャンプに伺った後に、カナダまで行きました。メープルは北米でたくさん取れる木なのですが、地理的に北で取れるものほど比重が重い木が多いのです。松井さんのバットのボリュームを温存して重量を合わせるのには苦労しました。

細くした2年目のバットが僕にとっての原点のような気がします。

── 松井さんにとって久保田さんはどんな存在だったのですか?

松井  そうですね、バッターにとってバットは命ですからね、その命であるバットを一本一本久保田さんもそういう気持ちを込めて作ってくださったのだと思います。失礼ですけど、一緒に戦う同志みたいな、そういう気持ちですね。失礼ですけど先輩ですから。

── 毎年、オフシーズンになると久保田さんの所に行かれて、次のバットの依頼をされたということですが、そこで交わされた濃密な会話は記憶に残っているのですか?

松井  その時その時、やはりお互いプロフェッショナルとして良いものを作りたいという思いの会話がありましたので、非常によく覚えています。

── 久保田さんにとって松井さんはどんな存在でしたか?

久保田  私の方が随分年上にはなるのですが、お客様として、そしていち松井さんファンとして絶えずテレビで拝見していました。仕事が松井さんの背番号と同じ55年を過ぎたのですが、日本を代表する、ましてメジャーリーグで最高殊勲選手を獲られるような選手の仕事に携われたことには、大変感謝しています。ミズノという企業体の中で松井さんとの接点があって、ずっとバットを作らせていただいたのですが、心の中では、完璧にできているのかなという不安は常にありました。

── お二人にとっての思い出のバットを1本ずつあげていただきたいのですが。

松井  ジャイアンツに入って2年目になる時にバットを急に細くしたんですよ。久保田さんもすごく心配されていたんですけど。でも1年目の後半位からレギュラーだったので、2年目はそのバットを使いこなしていきたいという気持ちでスタートしましたので、そのバットがいちばん僕にとっては何か原点のような気がするし、いちばん思い出に残っています。

久保田  私は、シーズンが終わって松井さんがホームラン王を最初に獲られたバットを自らケースに入れて工場に持ってきてくださって、「本当にこれをいただいていいのですか」と非常に恐縮しました。今も大事に持っています。

松井  98年ですかね。初めてホームラン王を獲った。

野球を通じてすばらしい仲間に出会い、すばらしい経験ができました。

── 最後に、子供たちにそして全てのベースボールプレーヤーにメッセージをお願いします。

松井  野球というスポーツは本当にすばらしいスポーツだと思います。僕も野球を通じてすばらしい仲間に出会いましたし、すばらしい経験もできました。皆さんも野球を通じてこれからいろいろな事を学び、また喜びを得ていってほしいなと思います。野球というスポーツがこれから、どんどんどんどん、大きくなるように願っております。一緒に頑張りましょう。

松井秀喜 使用用具のこだわり&全スペック ミズノクラフトマンの証言