やってみよう、メンタルトレーニング!

夏休みに入って、早くも2週間を過ぎようとしています。学生のみなさんは部活やクラブチームでの活動を頑張っていることでしょう!合宿があったり、大会があったり、この夏はみなさんがグッと成長をする時期ではないでしょうか?また、その成長過程で色々思い悩んだりすることもあるのではないでしょうか?
スポーツをやっていく上で大切なのが「心・技・体」。この「心・技・体」の3本柱のバランスが良くなければいけません。今回は「心」にクローズアップしてみたいと思います。 みなさんは「メンタルトレーニング」という言葉を聞いたことがありますか?近年のスポーツ界では所謂"根性論"だけではなく、メンタルのトレーニング力も必要とされています。それはスポーツをする本人自身はもちろん、指導者にも必要です。

今回はメンタルコーチとして各方面でご活躍されている藤代圭一氏に、活動の中でよく質問される数点のQ&Aをピックアップしていただきました。

Q1 試合になると緊張し、練習でできることができません。緊張を和らげるにはどうしたらいいですか?
A1 練習ではできているのに、試合でそれを発揮できないのはとても悲しいですよね。 面白いもので「緊張するなっ!」と自分に伝え、考えれば考えるほど、緊張が膨れ上がってしまいます。うまくやろうと考えすぎ、その振れ幅が傾き過ぎてしまうと、緊張感は膨れ上がり、身体が硬くなり、いつもの実力の半分も出せなくなってしまいます。 では、どうすればいいのでしょう。

過去や未来を変えることはできません。(未来のことは分かりません)
「勝ちたい」「負けたくない」という考えが浮かんだら、ちょっと脇に置いて、今できることに意識を向けてみましょう。緊張する試合。自分の心の状態を感じてみる。そして自分に問いかけてみる。
「僕は(私は)どうしたいんだろう?」
「今、できることは何だろう?」
変えることのできない未来を意識しすぎるのではなく、今、自分にできることに意識を向けることが、実力を発揮する手助けをしてくれます。

Q2 どうやって目標をつくったらいいですか?
A2 目標を作る上で、まず大切にして欲しいのが、最高の未来をイメージすることです。
「10年後、どんな選手になっていたら最高だろう?」
目標を作る、と考えると、ついつい現在の技術や実績をもとにつくりあげようとしてしまいがちですが、まずは思考の枠を外して最高の未来をイメージしてみましょう。

最高の未来をイメージできたら、そこから「いま」に向かって遠い未来から近い未来まで遡って考えてみます。
「10年後どうなっていたら最高だろう?」
5年後、3年後、1年後、半年後、1ヶ月後、1週間後。
これらが、最高の未来を実現するための道しるべになります。
目標をつくることは大切ですが、行動に移さないと理想の未来を実現することはできません。
「1週間後の最高の自分になるために、今日できることは何だろう?」
その答えと行動を積み重ねることで、理想の自分に近づいていくことができるはずです。

Q3 試合での切り替えが遅いと言われます。普段からどんなことを意識したらいいですか?
A3 集中力が高い人というと、何かひとつのことをずっとやり続ける、というイメージがあるかもしれません。
けれど、それと同じように、あれこれと様々なことをパッパッと切り替えてやれる人もまた、集中力が高いといえますよね。
そう考えてみると日常生活や練習の中でも、磨けるポイントがたくさん見つかります。
例えば「ゲームから宿題」「テレビから夕食」「読書からお風呂」「休憩から練習」といった具合に、集中の対象を切り替える素早さを磨くことができます。

ちょっと話がずれますが、赤毛のアンの原作者である、ルーシー・モード・モンゴメリは、郵便局や新聞社で仕事をしながら、空いた時間に原稿を書いていたそうです。
休憩時間にパッと切り替えて集中して原稿を書くことで、あの「赤毛のアン」が生まれました。 最近のことで言うと、芥川賞を受賞したピースの又吉さんはお笑い活動の合間に「火花」を書き上げました。これも集中力のなせる業ですね。

パスやシュートでも、練習した技術しか試合では発揮できないように、試合中に「切り替えろ!」と言われても、切り替える練習をしていなければ、いざというときに力を発揮することはできません。
「5分後に、ゲームをやめて宿題をしよう」
「10分間休憩したら、次の練習にとりかかろう!」
「何分後に次の集中したいことに切り替えよう!」
日々の生活や練習の中で、パッパッと集中する対象を切り替えるトレーニングをして、集中力を磨いてみてくださいね。

どうでしたか?メンタルトレーニングはスポーツのみならず、日々の生活でも役立ちそうですね。是非、この夏休みにメンタルトレーニングにトライしてみてください!


~藤代圭一氏プロフィール~

スポーツメンタルコーチ/しつもんメンタルトレーニング代表

http://shimt.jp

日本メンタルヘルス協会基礎心理カウンセラー

全国のクラブチーム、部活動に伺い、1人でも多くの選手がその人らしく輝くために、心理面・チームづくりをサポート。
・全日本女子フットサル選手権 準優勝
・U-15 全国女子サッカー大会 全国ベスト4
・U-15 全国女子フットサル大会 全国優勝(2連覇)
・全国高等学校総合大会出場(インターハイ/サッカー)
・U-15 野球イギリス代表選手

藤代氏に参画いただいた、"子どもたちが自らディレクションする、ジュニアフットサル大会"の様子は

こちらミズノ発見隊で