日常生活を快適にするシューズ誕生

■「LS400」はどのような製品でしょうか。

「LS400」は、日常生活の様々なシーンでお洒落に履いていただける新たなカジュアルシューズとして誕生しました。1日40km以上歩くウォーカーのニーズに応えるように開発された「LDシリーズ」のノウハウや快適に歩くことが出来る機能性を受け継ぎながら、「LSシリーズ」は普段のファッションにも合わせやすい女性の感性に訴えかけるシンプルかつスマートなデザインが魅力です。ターゲットである中高年女性のニーズに応えるため、「軽さ」と「柔らかい足入れ」と「デザイン性」の3点を追求し、日常にフィットしたシューズの開発に着手しました。

歩行をサポートする様々な機能

■具体的な工夫について教えてください。

ニーズがとても多い「軽さ」については、とにかくこだわりました。まず、ランニングシューズにも使われている軽量ミッドソールを採用しました。さらにアウトソールには摩耗性を考慮しながら、ラバー素材(※1)を配置するとともに、歩く動作のなかでも蹴り出しの際にしっかりと地面をグリップするように前足部には樹脂パーツ(※2)を使っています。この素材のハイブリッド構造により、ウォーキングシューズの中でもかなり軽量なランニングシューズほどの重さ約200g(23.5cmサイズの片方)という軽量性を実現するとともに、必要な「耐久性」と地面を捉える「グリップ力」を確保しました。

軽さを実感できるもう一つのポイントとしては、踵のカウンターと呼ばれる部分(※3)がしっかりホールドする点にあります。これにより足と靴がピッタリと一体化するので、履いた時に数字以上の軽さを感じていただけることと思います。 また「柔らかい足入れ」を実現するため、アッパーと裏材素材に着目しました。アッパーにはストレッチ性のある「クラリーノ®」という人工皮革を、裏材にはクッション性のある厚手のエアメッシュを採用しました。表と裏の生地の組み合わせにより、足を包み込むような履き心地、窮屈ではない自然なフィット感を実感していただけます。

シャープなシルエットへのこだわり

■デザイン・カラーのこだわりを教えてください。

ゆったりとした3Eの幅広設計でありながら、スッキリと細身に見えるデザインにすることは大変難しかった部分です。ソールの面積を小さくすれば細身には見えますが、シューズとしての安定感は損なわれてしまいます。担当者と様々な検討を重ねた結果、ただ単にソール全体を細くするのではなく、踵側に厚みを出し、つま先にかけて薄くすることによってスッキリ見えるようになるという結論に至りました。「LS400」のシャープなシルエットは、展示会でもとても多くの方々から好評価をいただきました。
またカラーリングに関しては、売れ筋のカラーやどういう色を好まれてるかというのを百貨店の方にヒアリングを重ねました。定番のブラックをはじめ、春夏らしいパールの効いたピンクとグレーを展開します。

■デザイン・カラーのこだわりを教えてください。

「LS400」は、ミズノのテクノロジーを積極的に取り入れながら、デザイン性と機能性の両立にこだわった女性のニーズに応える製品です。見た目以上の「軽さ」と「柔らかい足入れ」を実感していただけますので、ぜひ一度手にとって履いてみてください。散歩や旅行、普段のお買い物など、シーンを選ばず日常生活に寄り添うお気に入りの一足になることと思います。

  • 品番B1GF1430:LS400
  • 商品詳細はこち
  • 購入はこちら