日本ラグビー界のキーマン、田中史朗選手を支えるミズノ社員がいた!

日本中が興奮のるつぼと化したラグビー世界大会。普段ラグビーに興味がなかった人も一度はテレビで試合やニュースなどを見たことでしょう!私の記憶では日本でラグビーがこれほどまで話題になったのは、約30年前にラグビーを題材にした某学園ドラマが流行った頃くらいじゃないでしょうか?(笑)

24年ぶりの歴史的勝利に続き、グループリーグ3勝を記録したラグビー世界大会。その舞台裏では日本ラグビー界のキーマンである田中史朗選手を支えるミズノ社員がいました。
(余談ですが田中選手は某学園ドラマの題材になった京都市立伏見工業高等学校を卒業されています。)

その社員とはコンペティションスポーツ事業部 スポーツプロモーション部 フットボールゲーム課 角田純一。トップアスリートをフォローする立場であり、契約選手にとってはミズノの窓口となる存在です。シューズなどの提供商品の手配や、改良に向けたヒアリングや提案、選手を活用したプロモーションの立案など、その仕事は多岐にわたります。

10月某日、都内スタジオにてミズノラグビーの新しいビジュアルの撮影が行われました。撮影がスムーズに進むよう、選手のアテンドや進行をサポートするのが角田の大事な役割です。
この日撮影される素材は、この先のシーズンのカタログや販促ツールに使用される予定。ミズノラグビーをお客様に印象付ける、とても大切なものであり責任重大です。撮影に臨む角田の表情も真剣そのものです。

  • 新しいシューズの足入れ感の確認。

  • ウエアやシューズがよりよく見えるよう、細かい角度やしわ光の当て方に至るまで、デザイナーやカメラマン、メイクの皆さんと試行錯誤をしながら進めていきます。

  • 撮影を見守ります。

最後に田中選手にシューズやボールにサインを頂き、撮影終了。田中選手のお人柄もあり、和やかな雰囲気で無事終えることができました。

ミズノ内での選手のマネージャーのような仕事をこなす角田に、いろいろ聞いてみました。

  • Q1.いつから田中選手をサポートするようになったのですか?

  • A1. 2011年のNZでの大会前に、 田中選手が日本チームに招集され始めた頃からです。

  • Q2.初めて田中選手に会った時の感想は?

  • A2.やはりいかつい大男の選手が多い中、お顔も童顔で、ラグビー選手らしくないと思いましたが、グラウンドに出ればそのイメージは一変し、動きは超一流でした。

  • Q3.田中選手をサポートする上で、一番気をつけていることはなんですか?

  • A3.やり取りの中での依頼事項にしっかり対応する事、会話の中でのちょっとしたコメントに重要な事が隠れている事がありますので、そこにアンテナをはって確認して行く事を心掛けています。 又、田中選手が知らない、ミズノが出来る事(シューズの改良出来る点や、取り扱いの商品等々)を積極的に提案しています。

  • Q4.具体的にはどんなサポートをしていますか?また、田中選手からの要望は、どのようなことがありますか?

  • A4.海外チームでも活躍する田中選手に合わせ、スタッドを増やしつつ取替え式の金属製と固定式のナイロン製をミックスし、軽さとグリップを両立したシューズ「SAMURAI SPEED SP2」を提供しています。
    ご本人がこのシューズを履く事で、見る方々や子ども達にラグビーに興味をもって頂いたり、ミズノをアピール出来ると考えて頂いています。今回の世界大会に向けて新デザインを決めていく過程でも、その様な気持ちで決まって行きました。カラーは一際目立つ蛍光オレンジ、「フィールドという戦場」で戦う意思を表現した迷彩柄入りになりました。また、ご本人のシューズに対するこだわり(紐の通し方や、長さ等)と、軽量化、グリップ性向上などは、毎回改良の要望を頂いています。

    • <田中選手特別仕様>
      世界大会で実際に田中選手が着用したシューズです。ソールは現地イングランドの芝に合うように変更しています。
      キズや汚れに激戦のあとが伺えますね。

  • Q5.今回、日本中を沸かせてくれたラグビー世界大会ですが、角田さんは現地に行かれてたのですよね?正直あそこまで日本チームが活躍すると思っていましたか?肌で感じた現地での日本チームへの反響はいかがでしたか?

  • A5.大会にはサモア代表戦、アメリカ代表戦の2試合を観戦するスケジュールで、現地に行かせて頂きました。南アフリカ戦の勝利で全てが変わりました。過去の大会で1勝しかしていない日本チームが、世界屈指の強豪国に勝てるとは思っていませんでした。今大会はアメリカ戦に勝利、サモア戦、スコットランド戦に善戦出来たら良いと思っていました。予選リーグで3勝し、決勝トーナメント出場の可能性がでるとは夢の様でした。

    試合会場では日本人の来場もかなり多く、イングランドに在住の方、日本から観戦に来られた方で大変盛り上がっていました。他国の方々も日本チームの躍進に興味をもって、応援して頂けていると感じました。

  • Q6.小柄な田中選手は世界のラグビーファンの中でも有名ですか?

  • A6.田中選手は日本人で初めて南半球最高峰ラグビーリーグに所属、活躍している選手です。

    「最高峰リーグで通用する日本人選手はいない」と思われていましたが、その常識を打ち破りました。田中選手に続く日本人選手が増え、今後の選手たちの目標、憧れになっていると思います。

    今大会、キッカーと言う目立つポジションが多く取り上げられましたが、世界レベルの日本人ラグビープレーヤーの先駆者は田中選手だと思います。

  • Q7.今後の田中選手にはどのような活躍を期待されますか?

  • A7.国内リーグ、 海外での益々のご活躍を期待しています。 次回、日本開催の世界大会でも出場を果たして、 日本チームを牽引して頂きたいと思っています。

    そして、競技人口がなかなか増えないラグビーにおいて、 田中選手に全国各地をまわって頂き、 クリニック等々、 普及活動を行って頂ければと思っています。ミズノも活動に協力して行きたいと思います。

  • 田中選手にこっそり角田へのメッセージをいただきました。

    「いつも角田さんの人柄に癒されています。今後とも、よろしくお願いします。」
    このような言葉をいただけると、角田も選手のサポート冥利に尽きると思います。

    これからも田中選手がプレーに集中出来る最高の商品を提供させていただきます!

11月13日、国内リーグが開幕しました。田中選手の活躍にこれからも目が話せません!
田中選手の足元を支えるシューズにも着目してくださいね!

最新の記事

最新の発見隊記事

TBSドラマ日曜劇場「陸王」に出てくるマラソン足袋 製作秘話とは?!