やきゅうを学ぶ

TOP > やきゅうを学ぶ > メンテナンス工房 > スパイクのお手入れ > スパイクのはき方&ひものむすび方

メンテナンス工房

  • グラブのお手入れ
  • スパイクのお手入れスパイクのはき方&ひものむすび方雨にぬれたときのお手入れ方法
  • やきゅうをはじめるキミへ
  • やきゅうが上手くなりたいキミへ

スパイクのお手入れ

スパイクのはき方&ひもの通し方

スパイクのはき方&ひもの通し方をいっしょに学びましょう!

  • スパイクのはき方&ひもの通し方:例
    ひもを内側 → 外側の順番で通す
    足の内側(親指側)のほうから外側(小指側)の方にひもを通します。
    ひもを外側 → 内側の順番で通す
    その後に、外側(小指側)から内側(親指側)にひもを通します。
    この流れで一番上までひもを通します。
    ひもを外側 → 内側の順番で通す
    右図[1]〜[4]の手順でひもを通しおえたら、最後は[5][6]の手順で、ひも穴の裏側から表側にひもが出てくるように通します。
  • ひもを反対方向に引っぱる
    ひもを最後まで通して足を入れたら、ひもをむすぶ前に、しっかりと反対方向にグッと引っぱりましょう。
    足もとによりチカラが入りやすくなります。
    ひもを反対方向に引っぱる:例

雨にぬれたときのお手入れ方法

スパイクが雨にぬれた時の手入れ方法をいっしょに学びましょう!

  1. 泥をふきとる

    泥をふきとる

    まずは泥のよごれを水をしみ込ませた布きれなどでふきとります。汚れがひどい場合でも、水で丸洗いはするのはダメです。

  2. 水を吹きとる

    泥を取り除いてから乾いた布で水分を取ります。

  3. 水を吹きとる

  4. 「スパイクのお手入れ方法」の手順でクリーンアップ

    日のあたらないところで保管

    きれいにしたスパイクは、直射日光があたるとちぢむ可能性があるので、日のあたらない場所で保管します。

スパイクのお手入れ方法

このページの上部へ