CONCEPT

LADY Go! ミズノが、女子野球を熱くする。 世界大会3連覇やプロ野球リーグの拡大など、いま新たなムーブメントになりつつある女子野球。ミズノでは、そんな女子野球プレーヤーたちを全力でバックアップしていくために、女子硬式野球用のラインナップ開発がスタートした。女性ならではの体格やサイズなどを考慮した、彼女たちがパフォーマンスを最大限に発揮できる機能性。プレーのひとつひとつをもっと魅力的にするデザイン。 ミズノの技術と品質が、いま、女子野球をもっと熱くする。データ収集から始まる、女子野球のための商品開発。 女子硬式野球用のラインナップを開発するにあたって、まずミズノが始めたことは女子選手たちのリアルな情報を収集すること。男子と女子では体型や筋力が違うことを前提に、最初に取り組んだのは女子選手たちの手型データ集めだった。 女子野球大会などで会場に専用ブースを設置して、大勢の参加選手たちから専用スキャナで手型を収集。これを年代ごとに分類した実測値から、女子専用のグラブやバッティンググラブを開発するためだ。 日本はもちろんアメリカでも、すでに数多く蓄積されたデータは、今後の商品開発において大きな指針となっていくに違いない。 たとえ時間がかかろうとも基礎からしっかり積み重ねていく。その真摯な「ミズノらしさ」は女子野球の世界でも変わることはない。女子野球という感性が、野球シーン全体を変えていく。 女子野球ならではの、しなやかさや華やかさ。いままでの野球シーンになかったイメージを強化することも、ミズノにとって大きなテーマとなっている。 企画・開発者が女性プレーヤーたちの希望やニーズをヒアリングし、男子野球にはなかった感性を商品へとフィードバック。デザインやカラーリングなどで従来とはまったく違った、新しいスタイルの野球道具が次々と誕生しつつある。 こうしたいままでにないセンスの登場によって、女子野球のもつ魅力がさらに向上していくのはもちろん、その広がりは男子野球の世界にも影響を与えて新たなトレンドを生みだしていくに違いない。